FC2ブログ

キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

キューバ大使館資料

キューバ共和国外務省声明


米国はキューバの医療協力を妨害するために巨額の資金を投じている

キューバ外務省は、米国政府がキューバの医療協力を標的とし、米国国際開発庁(USAID)のプログラムを通じて最近行った攻撃について、これを非難し、強く糾弾するものである。

同プログラムはキューバが数十カ国で数百万人を対象に展開している医療協力を貶め妨害することを目的に、関連する活動と情報収集に資金援助するものである。

 今回の攻撃は、 諸外国政府に露骨な圧力をかけてキューバの国際協力を妨害し、「パローレ・プログラム」(キューバ医療専門家臨時入国プログラム)などキューバからの人材流出を狙う、これま でに数多く実施された試みに続くものである。

不誠実な中傷の中心にあるのは、キューバが人身売買または奴隷制を実践しているという根拠のない主張であり、同時にキューバの医療関係者(医師・技師)数十万人が今日まで 長年、第
3 世界をはじめとする諸国で自発的に行ってきた崇高な活動を侮辱しようとしている。

これはキューバ政府と数十ヵ国政府の間で合法的に締結された二国間及び政府間協力プロ グラムに対する誹謗である。いずれのプログラムも国連の南南協力に関する指針に沿ったものであり、当該諸国政府が主権の下で決定した医療上の要請に対応したものである。

国際社会から高く評価され、国連や世界保健機関(
WHO)、パンアメリカン保健機関の最高 幹部から称賛された連帯の取組みに対する襲撃でもある。

これらの嘘は、反キューバ攻撃に励んでいる米国政府と政治家の低俗な道徳的資質を暴露するものだ。反キューバ・キャンペーンには巨額の資金が投下され、大手報道機関数社と 無節操なレポーターらが加担している。特に後者は米国政府の政治的利益に奉仕し、自らのあるべき中立性と客観性を犠牲にしている。

数十年前から今日に至るまで、医療協力は連帯の行為として、最も経済的に恵まれない 国々に対して提供されている。その際に派生する費用のほぼ全額をキューバが負担している。また同様の方法で、国連の発展途上国間協力に関する考え方に沿って、相互補完性及 び提供された役務の部分的支払という基礎に立って、複数国に対して提供されている。これは途上国間の完全に正当かつ合法的な相互交換に基づくものである。

多くの途上国は 天然資源やキューバを上回る経済規模または工業開発を有しているが、その一方で我が国が育成に成功したような人材、つまり自発的に厳しい状況下で働く意欲のある献身的で人 間主義的な専門家集団が不足している。

我々は年月をかけて医療制度を築き上げてきたが、それらの国では医療制度についての知識も不足している。 キューバの医療関係者は完全に自由かつ自発的に協力プログラムに参加している。任務に 従事している間、キューバで引き続き給与の全額を受け取り、それに加えて派遣先国で報酬とその他手当が支払われる。

キューバが提供した協力の対価を受け取る場合、参加した協力者たちは医療制度の資金調 達、持続可能性及び発展において、正当かつ合法的な価値ある貢献という多大な功績を挙げたことになる。大衆のための無償医療制度はすべてのキューバ国民がアクセスできるも のだ。

さらに、世界各地で展開されている協力プログラムにとっても大きな貢献である。医療へのアクセスは人類の権利であり、米国は政治的理由または攻撃を理由にそれを否定、 妨害するという犯罪を犯しているのだ。
 
                                                         2019
8 29 日、ハバナ

講演会
 
 
イシカワ駐日大使に聞く 

ベネズエラでは何が起こっているのか

 日時 

9月8日(日) 午後1時半〜4時半

 場所 

阿倍野市民学習センター

(JR天王寺駅より10分 地下鉄阿倍野駅下車すぐ) 
 
参加費 

800円(学生500円)

 共催 
キューバを知る会・大阪 

リブ・イン・ピース☆9+25

#NoMoreTrumpキャンペーンの一環として署名活動をして国連のグテーレス事務総長に
要請しましょう!
世界の市民から国連事務総長への書簡の最後に署名欄があります。
賛同していただける方は、氏名、住所と署名をし、郵送、Fax (03-3409-1505),また
はメール(asistente.embajador@venezuela.or.jp)で大使館までお送りください。
よろしくお願いいたします。
ベネズエラ・ボリバル共和国大使館
                                  キューバを知る会・大阪



世界の市民から国連事務総長への書簡

 


国連事務総長

アントニオ・グテーレス 殿

 

私たち署名者は、米国による経済的攻撃(いわゆる制裁・封鎖)から守ってほしいと願うベネズエラ国民の正当な要求を支持してくださるよう、国連事務総長アントニオ・グテーレス閣下に要請いたします。攻撃の目的は「体制転換」を導くこととされていながら、実際の意図は、ベネズエラ人が主権を行使して自由・普通・秘密選挙で選んだ政府を倒すことに他なりません。これはベネズエラ人が国内法に従い、国民としての自決権を行使して選んだ政府です。

 

攻撃は2015年、オバマ政権時に発出された大統領令に始まりました。大統領令では、ベネズエラとベネズエラ国民が米国の安全保障にとって「非常かつ並外れた脅威」であると定義していますが、その米国こそが人類史上最も危険な軍事大国であり、たった60年間に世界中で少なくとも201の通常戦争(伝統的な形の軍事戦争)を引き起こした国です。この中には、ハイブリッド戦争や低強度戦争と呼ばれる紛争はカウントされていません。

 

この大統領令以来、米国はベネズエラへの攻撃や破壊行為を実行し、世界に対してこれを合法と見せかけるべく試みています。さらに、トランプ氏の当選以来、米政権は経済・金融上の対立を大きく激化させ、ベネズエラ政府を締め上げ国民を飢えさせようとしてきました。これを全て、白昼堂々と、名誉ある国連の目の前で―国連の存在意義は、まさに国際法を保障し戦争を回避することです―実行してきたのです。

 

つい先日、トランプ大統領はベネズエラの全資産を略奪する大統領令に署名し、ベネズエラのパートナー国を威嚇するとともにベネズエラの住民3千万名の安全をリスクにさらすという行為に出ました。これは、食料、医薬品、輸入に頼る必需品へのアクセスを阻害し、また海外で救急医療を受けるための支払いや共同体の活動に欠かせない備蓄の入手もブロックするもので、その結末は残忍・非人間的とも言うべき水準に達します。ベネズエラにいてこの影響を免れる人は誰一人としていません。子どもも高齢者も、男性も女性も、政府支持者も野党支持者も、ありとあらゆる人々が、この卑劣な攻撃の犠牲となります。そしてこれは、国連を律する法秩序、基本的原則、人権を侵しているのです。

 

ベネズエラの歴史で、他者を攻撃するため軍を送った政府は一つもありません。唯一の例外は、19世紀南米の独立運動のさなか、スペインからの独立を求めて闘った時のみです。結果として5カ国が独立し、自由を勝ち取って共和国となりました。

 

ベネズエラ国民は、その頃と同じように祖国を守るでしょう。独立の英雄シモン・ボリバルは米国の外交官バプティスト・アーバインにこのように書き送っています。「ベネズエラの政府や権利が侵害されたり、軽んじられたりするのを私は許しません。スペインからこれらを守って、我が国民の3分の1が命を落としたのであり、残った者たちも同様の運命を望んでいるのです。もし世界がベネズエラに危害を加えるならば、スペインと闘うのも世界と闘うのも、ベネズエラにとっては同じことです。」

 

しかし、ベネズエラ国民は対立が平和的に解決されると信じています。ベネズエラ人はこれまでも、今も、これからも、世界の人々の脅威となることは決してないし、誰かを支配したり搾取したりしようとすることも決してありません。それとは逆に、ベネズエラの人口の4分の1近くがアメリカ大陸や世界各国から移住した外国出身者であり、ベネズエラ人とともに暮らしているのです。

 

世界の人々は、米国の市民が、他国を攻撃・侵略することを政府に委任したとは思っていません。それでも、過去から今に至るまで、マニフェスト・デスティニーの名の下に攻撃や侵略は実行されています。ちょうどシモン・ボリバルが「米国は、自由の名の下で全アメリカに貧窮をもたらすという定めを受けているようだ」と予期したように。

 

グテーレス閣下、以上のことから、ベネズエラへの不当で卑劣な攻撃に対し国連事務総長として声を上げていただきたくお願いいたします。それだけでなく、この異例の犯罪からベネズエラが守られるよう要求します。なぜなら、この問題で危機にさらされているのは、三度目の世界大戦を防いできた国際秩序や国際法だからです。

国連制度がベネズエラに対する残酷な攻撃の中止を要求すること。ベネズエラ国民の保護のため既存のメカニズムを発動すること。そしてベネズエラの全住民が持つ、人間開発と充実した人生への完全な権利を保障すること。私たちは以上を要請いたします。


 


 

No.

氏名 Name

住所 Address

署名又は印鑑

Signature

1

 

 

 

2

 

 

 

3

 

 

 

4

 

 

 

5

 

 

 

6

 

 

 

7

 

 

 

8

 

 

 

 トランプ大統領は
ベネズエラへの経済制裁・海上封鎖をやめよ

 

 私たちは、トランプ大統領による常軌を逸した経済制裁に反対します。
5日トランプ大統領は米国内にあるベネズエラ政府の全資産を凍結する
大統領令に署名しました。米国内の金融、経済、商業、土地等の全資産
をベネズエラ人民から奪い取ろうというのです。この大統領令には、米
企業や米国人とベネズエラ政府関係者との経済活動の禁止、マドゥーロ
政権支持者の米国入国禁止等が含まれ、さらに米国企業だけでなく米国
内の外国企業にまで効力を拡大しようとしています。ベネズエラ政府要
人の資産凍結や石油輸入の事実上の禁止といった従来の制裁を遙かに上
回る過酷なものです。あからさまな国際法違反、国連憲章違反です。 

 さらに7日には、25,000トンの大豆製品などを積んだベネズエラ向け
の食料船が米封鎖によってパナマ運河で拿捕されるという許し難い事件
が起こりました。食糧、衣料品、医療品という市民生活にとって死活の
物資に対する妨害は、米国によるベネズエラ人民へのテロ攻撃といえる
ものです。

 私たちはトランプ大統領が、大統領令を撤回し、ベネズエラへの一切
の経済制裁・不法な海上封鎖を即刻中止するよう求めます。
マドゥーロ
政権とベネズエラ人民への断固たる支持を表明します。
          
                     2019年8月9日

                    キューバを知る会・大阪

9回 キューバを知る会・大阪 

 

日時:
2019914 () 18:0020:00

内容:
9回 アジア太平洋地域会議 報告
☆コングリ(
キューバ料理)の試食☆
☆モヒートの試飲あります☆

場所:
タマダビル 6階(605号室)

大阪市天王寺区生玉前町3-25

地下鉄谷町線谷町九丁目、近鉄上本町 5番出口南へ徒歩3分

 3番出口からは、5番出口の方に横断歩道を渡り南へ徒歩3分