FC2ブログ

キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

 参加をご希望の方は以下項目を明記の上、キューバ大使館までお申し込みください

 

1.  氏名(パスポート表記の通り)

2.  性別

3.  生年月日

4.  年齢

5.   既婚/未婚

6.  パスポート番号

7.  キューバへの入国日と出国日、時刻と航空機便名

8.  所属しているキューバとの友好団体(もしあれば)

9.  今回が初めてのご参加でしょうか?

10. 食事制限の有無(ベジタリアン等)

11. 現在の健康状態について

 

ご参加にあたり、キューバ国内をカバーする海外旅行保険の加入が必須条件となります。

--------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

 

 

皆様のご参加をお待ち申し上げます。

 

キューバ共和国大使館

Tel: 03-5570-3182

Fax: 03-5570-8521

E-mail: tcultura@ecujapon.jp

 ボランティアワーク及びキューバとの連帯の第 15 回メーデー国際ブリガーダ

親愛なる友人の皆さん

キューバ諸国民友好協会 (ICAP) よりご挨拶を申し上げます。

キューバ革命勝利 61 周年及び ICAP 創立 60 周年を記念し、世界の友人の皆さんに
「ボランティアワーク及びキューバとの連帯の第 15 回メーデー国際ブリガーダ」
への参加を呼びかけるものです。

今回のブリガーダは 2020 4 27 日から 5 10 日までハバナ、アルテミサ、
ピナール・デル・リオで開催されます。期間中、フリオ・アントニオ・メヤ国際
キャンプ場 (CIJAM:ハバナから 45km 離れたカイミート市に所在)に 10 泊し、
残り 3 泊はピナール・デル・リオのホテル泊となります。

プログラムには歴史・経済・文化・社会的に意義深い場所の視察、国や世界を取
り巻く時事問題に関する講演会が含まれます。また、記念すべき機会としてメー
デー行進、続いてキューバ中央労働組合連合 (CTC) ICAP 5 2 日に開催する
「キューバ国際連帯集会」にご参加いただきます。

参加費は 402 CUC462 USD 相当)で、これには国際キャンプ場の最大 8 人部屋
(シェアルーム)の宿泊費、ピナール・デル・リオのホテル宿泊費(ダブルまたは
トリプル)、全食事、空港送迎、プログラムの全活動に伴う移動費が含まれています。
このパッケージ料金には、オプショナルツアーの料金は含まれていません。
国際キャンプ場の延泊費用は一人当たり 15 CUC です。

フリオ・アントニオ・メヤ国際キャンプ場は 1972 年に開設され、世界各地から訪れ
る友人の皆さんが集団生活を送る上で、適切な環境を備えています。
農作業は国際キャンプ場の近隣地域、及びピナール・デル・リオで実施します。

ブリガーダ参加者には、予定されたプログラムに参加し、集団生活のルールや規律を
守り適切に行動することが求められます。

近年、世界各地からの参加者が増加していますが、これはキューバについて知りたい
という動機を示すだけではありません。アメリカ帝国主義の経済封鎖に反対し、独立
した主権国家として存在する権利を要求するキューバの闘いにおいて、キューバ革命の
決意に触発された連帯が世界中に広がっていることを示すものです。

友人の皆さんに、友情と連帯の意義深いプログラムをぜひ共有してくださるよう、
私たちは呼びかけるものです。

参加申込みの締切日は 2020 4 15 日です。

キューバへの入国日、時刻、航空機便名を以下メールアドレスまでお知らせください。

director.damo@icap.cu / africa.lusofono@icap.cu

ご参加をお待ちしております。

友情をこめて、

キューバ諸国民友好協会 (ICAP)


ボランティアワーク及びキューバとの連帯の第 15 回メーデー国際ブリガーダ

【プログラム】

〈キューバ革命勝利 61 周年及び ICAP 創立 60 周年記念〉

期間:2020 4 27 日~5 10

4/26 ()

代表団到着

オプショナルツアー

17:00 ICAP からフリオ・アントニオ・メヤ国際キャンプ場(カイミート市)へ移動

4/27 ()

06:45 起床

07:00 朝食

10:00 フリオ・アントニオ・メヤ胸像に献花

10:30 歓迎式典

ICAP 創立 60 周年を記念し、その活動をまとめたビデオを視聴

11:30 説明会

12:00 昼食

15:00 講演会「キューバ経済モデルの更新。前進と見通し」

17:30 各代表団のリーダーミーティング

19:00 キューバンナイト

4/28 ()

05:45 起床

06:15 朝食

 07:00 農作業へ出発

12:00 昼食

14:30 講演会「キューバ米国関係の経緯と現状。経済・貿易・金融封鎖がキューバ社会に与

える影響。ヘルムズ・バートン法とその第 3 章適用」

18:30 夕食

20:30 ダンス教室

キューバ映画上映

4/29 ()

05:45 起床

06:15 朝食

07:00 農作業へ出発

12:00 昼食

14:30 講演会「キューバにおける市民参加と人権」

16:30 地域別ミーティング

18:00 夕食

20:00 文化アクティビティ(地元タレント参加)

オプショナルツアー

4/30 ()

05:45 起床

06:15 朝食

07:00 農作業へ出発

12:00 昼食

14:30 チェ・ゲバラ研究センター職員と交流(書籍、雑誌紹介等)

17:00 メーデーの調整会議

18:00 夕食

自由時間

5/1 ()

03:00 朝食

04:00 革命広場へ出発

07:00 「メーデー行進」参加

10:00 友好の家 (Casa de la Amistad) で軽食 市内で自由時間

オプショナルツアー

17:00 友好の家からキャンプ場へ戻る

18:00 夕食

キャンプ場で自由時間

5/2 ()

06:00 朝食

07:00 国際会議場へ出発

「キューバ国際連帯集会」参加

国際会議場で昼食

市内で自由時間

17:30 革命博物館で集合

友好の家へ移動

19:00 友好の家で夕食、文化アクティビティ

5/3 () ピナール・デル・リオ

05:45 起床

06:00 朝食

07:00 ピナール・デル・リオへ出発

10:30 「反革命グループとの闘いで倒れた人達(ロス・マラゴネス)慰霊碑」の前で

歓迎式典

(ビニャーレス、エル・モンカダ地区)

12:30 先史時代壁画アート前で昼食

14:00 2 グループに分かれて観光地を視察

逃亡奴隷野外博物館

「インディオ」鍾乳洞

終了後、全員でジャスミン展望台の視察

18:00 ホテル・ピナール・デル・リオ到着

ホテルで夕食

ホテルで自由時間

5/4 () ピナール・デル・リオ

07:00 朝食

08:00 3 グループに分かれて食品製造のボランティアワーク

ピナール・デル・リオ バイオ工場

工業団地 “Hermanos Barcón”

缶詰工場 “La Conchita”

12:00 ホテルに戻る

12:30 昼食

15:00 4 グループに分かれて医療施設を視察

病院 “Abel Santamaría Cuadrado”

小児病院 “Pepe Portilla”

医科大学 “Dr. Ernesto Che Guevara”

老人ホーム “Hermanos Cruz” 地区

18:30 ホテルで夕食

20:00 ICAP 創立 60 周年を記念し、革命防衛委員会 (CDR) と交流

地元住民及びその代表者らと意見交換

Raúl Sánchez 地区または Hermanos Cruz 地区)

23:00 ホテルへ戻る

5/5 () ピナール・デル・リオ

07:00 朝食

08:00 4 グループに分かれて文化施設の視察

ピナール・デル・リオ模型展示館

県歴史資料館

 “Amor y Esperanza” (愛と希望)プロジェクト

自然科学博物館

12:00 ホテルに戻る

12:30 昼食

14:30 5 グループに分かれて教育施設の視察

理系専門高校 “Federico Engels”

特別学校 “José Martí”

大学 “Hermanos Saiz Montes de Oca”

半寄宿学校 “José Antonio Echevarría”

保育園 “XI Festival”

16:30 ホテルに戻る 自由時間

19:00 ホテルで夕食 フリーナイト

5/6 () フリオ・アントニオ・メヤ国際キャンプ場に戻る

07:00 チェックアウト

07:30 朝食

09:00 電子部品会社で英雄的ゲリラ戦士エルネスト・チェ・ゲバラを追悼する

3 グループに分かれて視察

電子部品会社

タバコ工場 “Francisco Donatien”

ラム酒工場

12:00 昼食 レストラン

14:30 キャンプ場へ出発

キャンプ場到着後、自由時間

18:30 夕食

20:00 自由時間

5/7 ()

05:45 起床

06:15 朝食

07:00 キューバと連帯し、その大義を支援するパネルディスカッション

11:30 昼食

14:00 ハバナへ出発

14:00 3 グループに分かれて視察

革命博物館

ホセ・マルティ記念碑

国立美術館(キューバ美術)

自由時間

18:00 キャンプ場へ戻る

19:00 夕食

5/8 ()

07:00 朝食

10:00 連帯の集い(ICAP 創立者及び職員代表が参加を予定)

12:30 昼食

午後は自由時間、インターナショナル・ナイトの準備

18:00 夕食

20:00 インターナショナル・ナイト

5/9 ()

07:00 朝食

オプショナルツアー

08:30 ハバナ旧市街へ出発 自由時間

各自で昼食を取る

17:00 キャンプ場へ戻る

18:00 夕食

5/10 ()

それぞれの国へ帰国

 

 100回 

キューバを知る会・大阪 

 

日時:

202028 () 18:0020:00

内容:

キューバの労働者の祭典

       メーデーに関する映像視聴

場所:
タマダビル 6階(605号室)

大阪市天王寺区生玉前町3-25

地下鉄谷町線谷町九丁目、近鉄上本町 5番出口南へ徒歩3分

 3番出口からは、5番出口の方に横断歩道を渡り南へ徒歩3分

 

工藤律子 「Lucha par el cambio~変革への闘い」
「キューバに生きる」1 変わるキューバ 変わらないキューバ
記事は以下です。



imidas.jp/latingang/
 

その他の以下の記事も興味深いです。


「キューバに生きる」2 会計士アンヘルの挑戦
「キューバに生きる」3 理髪師パビートの社会的連帯経済
「キューバに生きる」4 ナリアが祖国で描く夢
「キューバに生きる」5 ゲバラの町で医者に会う
「キューバに生きる」6 資本主義の波間で

Yo soy el punto cubano

 

※この歌の訳詞・解説は "今回のキューバを知る会・大阪での紹介用に" 作成したものです。作成にあたっては、京都ラテン音楽を楽しむ会のT氏と、歌の師匠であるYacel Sagarra 氏に大きく助けていただいたことを感謝とともに付け加えます。(H)



YouTubeでもご覧いただけます。
 https://youtu.be/Po9vNEgWGY8

 

Yo soy el punto cubano 

Que en la Manigua vivía

Cuando el mambí se batía

Con el machete en la mano ×2

 

Tengo un poder soberano

Que me lo dio la sabana

De cantarle a la mañana

Brindándole mi saludo 

A la palma, y al escudo 

Y a mi bandera cubana ×2

 

ここからCoro(コーラス )

por eso canto a las flores 

Y a la mañana que inspira 

Le canto a Cuba querida 

La tierra de mis amores

Le canto a Cuba querida 

La tierra de mis amores

ここまで

 

Soy la linda melodía 

Que en el campestre retiro,

Siempre le llevo al guajiro

La esperanza y la alegría ×2

 

En noches de romería 

Inspiro a los trovadores 

Cantantes y bailadores 

Gozan con el zapateo 

Y se olvidan de Morfeo 

Para tributarme honores ×2

 

Coro

 

Ahora me encuentro en La Habana 

Entre orquestas y he gustado,

De cha-cha-chá disfrazado 

Pongo una nota cubana ×2

 

Aquí como en la sabana

Mi música fraternal 

Viene del cañaveral 

Representando al mambí 

A la tierra de Martí 

Y a la Enseña Nacional ×2

 

Coro

ーーー

以下訳詞

 

私はキューバのプントです

マングローブの森に生きていた

独立の闘士たちが戦っていた頃に

その手にマチェーテ鉈を携えて

 

私は主権者としての力を持つ

それは恵みのサバンナがもたらしてくれたもの

朝にはそのことを歌って

私からの礼を尽くす

椰子の木へ、盾紋章

 

*コーラス

それゆえ私は花に歌う

そして力を与えてくれる朝に

愛しのキューバへ

我が愛する国土へ

 

私は美しいメロディです

遠くのどかな田舎にいて

いつの時も農民のもとへ

希望と歓喜を届けるのだ

 

祭礼の夜には

旅の大道芸人たちを盛り立てる

歌い手を、踊り手を

みなサパテオのダンスを楽しんでいる

寝るのも忘れて

私の栄誉を讃えるために

 

*コーラス

 

今や私はハバナにあり

気になっていた楽団に入り

そのキューバ風を装ったチャチャチャに

正調キューバのしらべを加える

 

そしてここでも、恵みのサバンナにおいてと変わりなく

心から仲間を想う私の音楽は

サトウキビ畑より出づるものであり

独立の闘士たちを代表するのだ

ホセ・マルティの大地を

そして国民のしるし(国家紋章)

 

*コーラス

単語解説

punto 

スペインにルーツを持つ古い音楽形式のひとつ

manigua 

未開のジャングル、(グランマ号が上陸した海岸のような)マングローブの森

mambí 

独立の闘士たち(マンビーとは、イスパニョーラ島でハイチの黒人フアン・マンビーがスペイン軍と戦ったことに由来する。スペインがキューバの独立戦争に参加したすべての人をこのように読んでから広がった/世界の教科書シリーズ「キューバの歴史」p.122より)

machete 

サトウキビ刈りなどに使う鉈のような刃物

poder soberano 

主権、主権者の力(奴隷や小作農が解放され、住居や農地、収穫物を各自のものとすることができる力、権利を指す)

la sabana 

サバンナ( 草原地帯ですが、"ラ・サバナ"と言うと、そこに人が住み、耕し、恵みを与えてくれる大地というイメージがあるそうです)

escudo 

盾、盾形の紋章

zapateo 

農村部の祝祭で男女ペアで踊られるダンスで、スペインから伝わり中南米各国で独自に発展した

cha-cha-chá disfrazado 

直訳は「変装したチャチャチャ」。チャチャチャはまだ新しいスタイルの音楽で、マンボやフィーリンなどもそうだったように、キューバ音楽とは違う(アメリカ的な)感じがして初めからキューバ人に馴染んだ訳ではなかった。

ここの歌詞はアメリカの傀儡政権から真のキューバ独立政権を勝ち取ったことが想起されるのではないでしょうか。

Martí

ホセ・マルティ

Enseña Nacional  

国家紋章( "国民のしるし"の訳は個人の独断的なものですが、この前にマルティの名前が出ていることから"国民を教える≒指導する"という意味も連想される気がして捻ってみました)

 

 

キューバの国家紋章はMiguel Teurbe Tolón の発案による。
この紋章は先の尖った盾の形をしており、下から2/3の高さに水平な線で区切られている。主要部となるその上部には、2つの陸地が両側に配された海と、その中央にブレード部を下にした鍵が見られる。これらの要素はキューバの地理的、政治的重要性を象徴している。鍵はメキシコ湾の入り口を表し、陸地は左から右へ、フロリダ のサブレ岬とメキシコのカトチェ岬を意味する。
背景には、水平線に半分沈んだ太陽があり、熱帯の熱さを示している。
左下の1/4は島の区分を、かつて分割されていた名残りが3本のターコイズブルーのストライプで表されている。そして愛国者の純粋をさらけ出す2つの空白部が、3本の青の間にあってこの区画の内容を引き締めている。
右下の1/4にはロイヤルパルムの椰子が、その恵まれた土地の活力と肥沃さを象徴して立っており、その国の歴史を通じて最も有用な木であると説いている。背景には、奥の方に2つの山が見える。そしてこれらの風景の輪郭を明るい雲が縁取っている。
盾の支えとして、束ねた棒が盾の下部の尖頭から上部の後に覗いており、盾の軸中心には五芒星のついたフリジア帽が見える。
束ねた木はキューバ人の団結を指し、星は自由の究極の表現である。
そして盾の装飾は、常に正面から見て左から右へ、平和を表す樫の枝と、勝利を表す月桂樹のそれが、輪郭に沿って締めくくられる。
盾紋章は、共和国とともに生まれ、1940年の憲法で制定された。