キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

本当のエコを考える地球旅行~明日へのチカラ

キューバ本当のエコを考える

デイリーモーション
www.dailymotion.com/video/xj4sd5_yyyy-yyyyyyyyy_lifestyle


日本人にとって一般的なキューバのイメージは・・・
フィデル・カストロ前議長「アメリカは自由民主主義、人権について話すモラルもなければ権利もない。」

日本とは違う社会主義国家、長年キューバはカストロ前議長を中心とする一党(共産党)独裁体制をしいてきた。
さらに徹底した反米主義を貫いており、アメリカとは隣同士なのに犬猿の仲。

そんなキューバが知られざるエコ大国?
首都ハバナ市内、車で走っていると目にする看板に描かれているのはブッシュ大統領、“テロリストを保護する人はみんなテロリストだ。”
“先進国がやっていることは意味不明”

行列を発見、その先には使い捨てライター専門のリサイクル店、どう見ても元気をとどめていないライターもその手にかかれば見る見るうちに復元。(日本では分解、改造は禁止されている。)
“買った方が早い”と日本人なら思ってしまうが、キューバではこうした修理やさんの町が至る所にある。
物を繰り返しつくのはキューバでは当たり前。
なぜ私達はすぐ新品を求めてしまうのか?

クアトロカミーノ市場はハバナ1大きい生鮮市場。
朝早くから買い物客でにぎわう庶民の台所。
アイスの容器に生姜が盛ってある・・・量りの代り?

花屋さんではペットボトルに穴をあけてジョウロ代り?花瓶もペットボトル・・・
なぜキューバの人達はここまでリサイクルを徹底しているのか?
住民「キューバ人は使えるものはどんなものでも大切にする習慣がついているから。」
「町から突然ものがなくなった経験をしているから。」
アメリカとは対立しているキューバだが、昔は同じ社会主義国のソ連から支援を受けていたので、それなりに豊かだった。

ところが1991年、頼みの綱だったソ連が崩壊し、突然物資の輸入がストップしてしまった。
当時キューバでは8割近いものをソ連からの輸入に頼っていたため、あっという間に国家的危機に陥った。
エネルギーとなる石油の輸入がストップしたのをはじめ、町から日用品から食料品に至るまで消え、生活は大混乱に陥った。

突然訪れた大ピンチをどう乗り越えるのか、その時キューバはある大転換を行うことになった。
国のあり方そのものを見直す一大決心に踏み切ったのだ。
それがスペシャルピリオド:国家危機を機に大量消費社会からエコ国家への大転換を図った。

踏み切ったのは当時の最高権力者フィデロ・カストロ前議長。
“貧困や飢餓をもっと少なくするためには、贅沢な浪費をもっと少なくすることが何よりも大切なことだ。
環境を破壊するライフスタイルや消費習慣はこれ以上続けてはいけないのである。”

エコ国家へ転換するため、様々な政策を実施。
現在でも国営放送で流れているのは節電啓発のCM、1日中節電を呼びかけている。
街にある店内は暗い、外が明るいうちは電気をつけないことにしているという。
奥のテラス席は明るいが、電気を節約するために屋根を取り壊し、昼間は光が入るようにしたという。
一般家庭では・・・政府が全世帯に省エネ電球を無料配布、1つの電球を家のあちこちに付け替えて使っている。
でも住民は陽気に笑って話す。

こんな節電生活を20年も続けているキューバ、それでも国は環境によい自然エネルギーにこだわった発電を目指しているという。
なぜ?
キューバ環境庁ヒセラ・アロンソ総裁「石油などの資源に頼るのではなく、持続可能なエネルギーを作り出す国家を目指している。
現在27000もの自然エネルギーを活用する設備を運営している。」

日本と同じく石油などの資源が乏しいキューバ、輸入が止まればすぐさまエネルギー危機に直面する。
しかし太陽光や風力など、自前のエネルギーなら失うことはない。
それはいざという時の備え。
とはいえこうした自然エネルギーだけですべてを賄うにはまだまだ課題も多いという。
それでもキューバはエコ国家へと突き進む。
人だかりを発見、トラブルか?
そこには1台の車、ギュウギュウ詰め・・・
ここはヒッチハイク乗り場、ヒッチハイクする人が喧嘩にならないよう、車の整備をする人は国家公務員。
キューバでは国がガソリンの節約を目的にヒッチハイクをシステム化している。
行き先と同じ方向に向かう車は基本的に載せなければならないというルール。

知らない人の車にのることに抵抗はないのだろうか?
「目的地が一緒なんだから、とても効率的でいいんじゃない?」
載せるほうは・・・「気にならないよ。」
一体どれくらい待つのか?「せいぜい5~6時間かな。」

乗合タクシー:ガソリンを節約するため、乗車人数がそろうまで出発しない。
キューバの車のほとんどは60年以上前のクラッシクカー。

使えるものは何でも使う、食料自給策もエコ。
世界が注目するキューバ流有機農業。
キューバが有機農業にこだわる理由とは?
1980年代までは化学肥料と農薬を使う大規模農業だった。
肥料やトラクターの燃料はほとんど輸入に頼り切っていた。
ところがソ連の崩壊で輸入が突然停止(1991年)、農業が立ち行かなくなった。デイリーモーション
食料危機を乗り越えようと政府は輸入に頼らない有機農業へと大転換を図った。
農薬や化学肥料を一切使わない有機農業で生産性をあげるのは非常に難しい。
しかしキューバは今や有機農業で世界トップレベルの技術を持つと言われている。
アラアール協同農場ミゲル・サルシネス「野菜を蝕む害虫はもともと匂いで集まってくる。
だから違う匂いの花を複数植えて害虫を錯乱させ、野菜に寄せ付けない。」

牛耕:トラクターの代わりに牛を利用した伝統農法。
ミミズはキューバの有機農業に欠かせない生き物。
「ふつうは牛の糞でたい肥を作るが肥料として完成するまでには半年はかかってしまう。」
そこで考えられたのがミミズを使ったたい肥農法。
ミミズの糞には肥料の最大成分窒素が牛糞に比べおよそ2倍も含まれているため、牛糞をミミズに食べさせれば栄養が倍増する。
しかも牛糞をそのままたい肥にするよりもミミズを使った方が短期間で良質な肥料になるという。
資源に頼らない有機農法はピンチに強い。
さらに自然界に思わぬ変化も・・・
環境保護に力を入れてきたおかげでキューバには今、絶滅危機にあった鴇が戻ってきている。



3月11日(金)に発生した東北地方太平洋沖地震により、亡くなられた方々のご冥福を
お祈り申し上げますとともに、被災された皆様、そのご家族の方々に対しまして、
心よりお見舞い申し上げます。
また、被災された方々の救助や災害対策に全力を尽くされている関係各所の皆様にも
心からの敬意を表します。

「キューバを知る会・大阪」は、福島原発の事故について
「直ちに人体に影響が出るレベルではありません」の公開質問状の提出団体に
加わりました。


「直ちに人体に影響がでるレベルではありません」に関する
公 開 質 問 書
内閣総理大臣 菅 直人 様
福島第一原発の事故発生以来、貴殿や枝野官房長官は政府の記者会見におい
て、現在の被ばく線量は「ただちに人体に影響がでるレベルではありません」
と繰り返しています。その意味について以下に質問します。
1.「ただちに影響がでるレベル」とはどのようなレベルなのか、またその影響
とはどのような人体的影響なのか、具体的に説明してください。
以上について3月28日に文書で回答するとともに、説明の場を設けてくだい。
2011年3月24日
[公開質問書の共同提出団体 168団体]
アイヌとシサムのウコチャランケを実現させる会/アジェンダ・プロジェクト/足元から
地球温暖化を考える市民ネットたてばやし/アマナクニ/名前のない新聞/石巻LOVE
EARTH おしゃべりかい/泉の森/いのち・くらしあさくら合同労組/イラク判決を活かす
会/岩手有機農業研究会/美しい錦川を未来へ手渡す会/ウラン残土市民会議/エコビレ
ッジ函館/NPO オーロラ自由会議/NPO地球とともに/NPO法人足元から地球温暖化
を考える市民ネットえどがわ/愛媛の活断層と防災を学ぶ会/えびやさん/おいしいごは
んの会/大阪大学附属病院看護師労働組合/御師の家【カムナビ】/核・ウラン兵器廃絶
キャンペーン福岡/核施設はいらない島民の会/核燃から郷土を守る上十三地方住民連絡
会議/核燃サイクル阻止1万人訴訟原告団/核燃料廃棄物搬入阻止実行委員会/核燃を考
える住民の会/核のごみキャンペーン・中部/「核分裂過程」の上映を実現させる会/日
下部華道教室/春日ローズ/神奈川県の大地に麦を実らす会/株式会社パプアニューギニ
ア海産/かぶら屋/鎌倉・岐れ路の会/環境共育を考える会/キューバを知る会・大阪
京都・未来をつむぐ母の会/キリスト者・九条の会/クランボンの会/グリーン・アクシ
ョン/グリーンコープかごしま生活協同組合/玄海原発プルサーマル裁判の会/玄海原発
プルサーマル裁判を支える会/虔十の会/原子力行政を問い直す宗教者の会/原子力資料
情報室/原発がこわい女たちの会/原発さよなら四国ネットワーク/原発さよならネット
ワーク高知/原発震災を案じる石川県民/原発震災を防ぐ風下の会/原発震災を防ぐ全国
署名連絡会/原発設置反対小浜市民の会/原発なしで暮らしたい松山の会/原発の危険性
を考える宝塚の会/原発を考える品川の女たち/コウカウンセリング京都/神戸ネットワ
ーク/国際NGO・R 水素ネットワーク/ことばの家/小林大木企画/500 円玉貯金の会/櫻
井BLUES 農場/サッポロッカショ/さよならウラン連絡会/さよなら原発みのお市民の会
/三陸の海を放射能から守る岩手の会/三陸・宮城の海を放射能から守る仙台の会(わか
めの会)/地震で原発だいじょうぶ?会/静岡太田川ダム研究会/自然村有限会社/島根
原発増設反対運動/市民自立支援センター/市民のひろば/下関の行動とことばをつなぐ
「海」編集委員会/下関労働教育センター/Jazzflower/社団法人スロービジネスカンパ
ニー/食政策センタービジョン21/ストップ・ザ・もんじゅ/STOPプルサーマル!
ふくしま/すなめりの会/全ての原発を廃炉に!!刈羽村生命を守る女性の会/セパかごし
ま/川内ウミガメプロジェクト/川内原発建設反対連絡協議会/川内つゆくさ会/川内
「ミツバチの羽音と地球の回転」上映実行委員会/曽根九条の会/脱原発の日実行委員会
/脱原発福島ネットワーク/脱原発へ!関電株主行動の会/脱原発わかやま/China Cats
Trips Band/沈黙のアピール/つゆくさと大地の会/敦賀ミツバチの会/DearChild/東
京電力と共に脱原発をめざす会/東北アジア情報センター/ドキュメンタリー映画を見る
会/時を見つめる会/とめよう原発せたがやネットワーク/止めよう!プルサーマル三春
ネット/七番目の星/奈良脱原発ネットワーク/西屋敷/ニセコの粉雪を守ろう会/日本
山妙法寺渋谷道場/納富建設/花とハーブの里/浜岡原発市民検討委員会/浜岡原発を考
える静岡ネットワーク/反原発ネットワーク豊橋/阪南中央病院労働組合/飯能市消費者
団体連絡会/半農半カフェ BIG FAMILY/BE-IN tokyo 実行委員会/ピースウォーク山口/
ピースサイクルおおいた/ピース・ニュース/PEACE NOT WAR JAPAN/PEACE LAND/ピース・
ウォーク飯田/ひとりパーチェの会/日の出の森・支える会/福岡引き受け気功教室/福
島原発30 キロ圏ひとの会/福島原発からの放射能放出をやめてほしいと願う大阪大学附
属病院看護師の会/福島原発市民事故調査委員会/福島老朽原発を考える会/ふくしま
WAWAWAー環・話・和ーの会/プルトニウム・アクション・ヒロシマ/部落解放同盟全国連
絡会福岡県連・準備会/プラッサ・ウーラ/プルサーマルと佐賀県の100年を考える会
/プルサーマルほっとケーない会/平和懇談会ちば/平和懇談会はんのう/平和の井戸端
会議/平和の声・行動ネットワーク/平和の白いリボン行動・藤沢/平和のテーブル・京
都/放射能のゴミはいらない!市民ネット・岐阜/放射能を憂慮する市民の会/みつばち
茶会/みどりと反プルサーマル新潟県連絡会/みどりの未来/美浜・大飯・高浜原発に反
対する大阪の会/ミチミチズム/宮崎の自然と未来を守る会/宮竹男の料理教室/宮竹太
極拳教室/未来をつむぐ会/萌工房/森のこや/もりもりAomori/大和平和の白いリボ
ンの会/やめよら原発NO 核熊野の会/有機農業ネットワーク神奈川/ユーゴネット/
LOVELINK/リブ・イン・ピース☆9+25/劣化ウラン兵器禁止市民ネットワーク/「六
ヶ所村ラプソディー」を上映する会in 阪南中央病院/私にできる事を考える会/わははの

連絡先:美浜・大飯・高浜原発に反対する大阪の会(美浜の会) mihama@jca.apc.org
大阪市北区西天満4-3-3 星光ビル3 階 TEL 06-6367-6580 FAX 06-6367-6581



気候変動サミットでのオバマと先進国の役割を厳しく批判


--フィデル・カストロの考察

ここで紹介するのは、昨年12月にデンマークのコペンハーゲンで行われた気候変動サミッ

ト(COP15)について、12月19日に発表された

フィデル・カストロの考察「THE TRUTH OF WHAT HAPPENED AT THE SUMMIT

(サミットでの出来事の真実)」です。


 日本でも、このCOP15については、「コペンハーゲン合意」の採択が見送られて「留意」にとどまり、何ら拘束力のある取り決めがなかったなどから「失敗」であったことなどが報じられました。しかし、第三世界と先進国の対立、「ベネズエラとボリビアが反対」などと、その「失敗」の責任を途上国に押しつける論調が多数でした。

ところが、このフィデルの考察を読むと、オバマ大統領へ異常に配慮したデンマーク政府の議事運営や、一部の国しか参加できない非民主的な会議設定などサミットのあり方そのものに大きな問題があったことが分かります。

そしてより本質的には、地球温暖化防止のために必要である

「2020年までに排出量の最低45%削減」

「2050年までに80%か90%の削減」などの排出量規制をないがしろにしたこと、

90年を基準にした削減目標である京都議定書の枠組みに「死亡証明書」を出す

という愚かな企てにフィデルは強い抗議をし、事態の進展に危機感を表明しているのです。

いかにしてCO2削減義務を回避するか--これが、端から削減義務を負うつもりのない米国のオバマ大統領をはじめ、先進諸国の最大の関心でした。すなわち、京都議定書を骨抜きにする合意案の採決を、ベネズエラとボリビアが代表したALBAや会場をとりまいた反対デモなどが許さなかったというのが真実のようです。
 

フィデルの懸念は「人間社会が生き残るかどうか」にあります。地球温暖化を防止するために、大量生産・大量消費と決別しCO2排出をドラスチックに押さえ「持続可能な社会」を作り出していくためにどうすればいいのかを問うています。

フィデルの言葉に耳を傾けたいと思います。
 

※原文はグランマ、キューバ大使館ホームページなどに掲載
Reflections by comrade Fidel
THE TRUTH OF WHAT HAPPENED AT THE SUMMIT(12/19)
http://www.cuba.cu/gobierno/reflexiones/2009/ing/f261209i.html 

 

なお、12月26日に発表されたフィデル・カストロの

「Humanity's right to life(人類の生存権)」は、

キューバ大使館ホームページに、原文と翻訳文が掲載されています。
http://embacuba.cubaminrex.cu/Portals/55/reflexion261209.doc

フィデル同志の考察

『サミットでの出来事の真実 』 仮訳

 若者は誰よりも将来に関心がある。

 ごく最近まで、議論はわれわれが将来に持つ社会の種類をめぐって展開してきた。今日では、議論は将来に人間社会が生き残るかどうかに集まっている。

 これらはドラマで語られる文句ではない。われわれは本当の事実に慣れなければならない。希望は人間の決して捨てることのできないものである。正しい議論を通じて、あらゆる年齢の男女、とくに若者がサミットで模範的な闘いをし、世界に偉大な教訓を与えた。

 今やキューバと世界が、コペンハーゲンでの出来事を可能な限りよく知るようになることが重要である。真実には、世界の運命をその手に握る者の影響を受け頻繁にゆがめられている見解を打ち負かす力がある。  

 もしデンマークの首都で重要なことが達成されたとするなら、それは、メディアの報道が、ここで生じた政治的混乱と、希望と期待を抱いてはるばるコペンハーゲンのサミット開催地にやって来た、国家や政府の首脳や、大臣たちや数千の社会運動や社会組織の代表者に対する屈辱的な扱いとを、世界の人民に見えるようにしたことである。平和的な抗議者たちに対する警察の野蛮な弾圧は、1940年4月隣国デンマークを占領したナチス突撃隊の行動を思い出させるものであった。

続きを読む