キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

没50年 チェ・ゲバラ自身が撮影した写真、約240点を日本初掲示

2015年、キューバとアメリカの国交が回復し、2016年にはオバマ大統領のキューバ訪問に続き、安倍首相もフィデル・カストロ前国家評議会議長と会談を行った。そしてトランプ氏がアメリカ大統領に就任した2017年、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラ没後50年の節目を迎える。
平和と平等をもたらすために戦ったチェ・ゲバラの傍らにはいつもカメラがあった。
彼は何を成し遂げ、何を夢見ていたのか?
世の中が転換期を迎えようとしている今、チェ・ゲバラがファインダー越しに見た世界を体感する展覧会を開催。彼の息子カミーロ・ゲバラ氏の全面協力により「チェ・ゲバラが自身で撮影した写真」、約240点を日本初公開する。

チェ・ゲバラ自身が撮影した写真

①1959年 日本 / ②1959年 キューバ / ③1959年 インド
④1955年 メキシコ / ⑤1959年 キューバ

© 2017 Centro de Estudios Che Guevara
期間
8月9日(水)〜27日(日) 11:00~20:00入館は閉館の30分前 ※8月27日(日)は15:00最終入館
観覧料
前売券 800円(高校生以下 無料)
当日一般 1,000円/大学・専門学生 800円/高校生以下 無料
※チケットのご購入に関しては後日発表いたします
会場
恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-2
TEL:03-5424-0111
[お問い合わせ先] InterFM897 TEL:03-5781-7610

キューバ大使館よりのチャリティバザーの案内です。

キューバの友人の皆様:

 

*********************************************************

バザーへの温かいご協力、誠にありがとうございます。

入場チケットが、まだ30枚ほど残っております!!!

ご家族やお友達にもおしえてあげていただけますでしょうか?

キューバのお料理、民芸品、音楽CDをご用意してお待ちしております。

ぜひともよろしくお願い申し上げます。

*********************************************************

 

平素よりお世話になっております。

 

1024日(月)12:00よりグランドプリンスホテル新高輪 飛天にて、

チャリティバザーが開催されます。

 

この度は、いつもの会場が耐震工事の為に使えないことにより、

新たな会場となっております。

今までと同様、各国が調理したお料理をご用意しておりますので、

中南米およびカリブ諸国の味をその場でお楽しみ頂けましたら幸いです。

また、各国特産の珍しい民芸品、コーヒー、ワイン、その他沢山の品々も準備いたしました。

 

日時:1024日(月) 午前12:00~午後16:30

 

場所:グランドプリンスホテル新高輪「飛天」

 

入場券:2,000円 抽選券付き

    入場券の半券は13:30までに抽選箱にお入れください。

    豪華景品があたる抽選会は午後3時に始まります。

 

入場券はキューバ大使館で販売しております。

 

お問い合わせ:阿佐美森(電話 03-5570-3182

 

本催物は一般社団法人日本・ラテンアメリカ婦人協会の主催で行われ、

入場券、バザーの収益は中南米およびカリブ諸国の福祉友好親善の

諸事業や国内にて支援をしている団体への助成などにあてられ、大きな

役割を果たしております。

お誘いあわせの上、皆様のご来場をお待ちしております。

(景品リストにはありませんが、キューバ大使館からも葉巻、ラム酒、コーヒーを抽選の景品に提供しております。)

 

 

キューバ共和国大使館

俳優の向井理さん(33)がナビゲーターを務める番組「キューバが愛した日本人 向井理、最後の楽園へ」が、2月7日()午後3時から4時25分まで日本テレビ・読売テレビ系で放送されます。

 

キューバの歴史に多大な影響を与えた日本人園芸家・竹内憲治さんの足跡をたどり、米国との国交が54年ぶりに回復したキューバの今を伝えるドキュメンタリー。

向井が地元の人と触れ合いながら、世界遺産に登録された美しい街並み、酒、葉巻、音楽、クラシックカーなど独自の文化で知られるキューバの魅力を余すところなく伝えます。

 

この番組に先立って、2月6日()午前8時からの番組「ウェークアップ!ぷらす」内でも「キューバが愛した日本人 向井理、最後の楽園へ」に関連してキューバが紹介されます。

 

よろしければぜひご覧になってください。

 

番組の詳細はこちらからご覧いただけます :/www.ytv.co.jp/cuba/

 

興味がありそうなお友達にもおしえてあげていただけますと幸いです。

 

駐日キューバ共和国大使館

 

セミナーのご案内

<神田外語大学・アジア経済研究所キューバセミナーのご案内>

冷戦の終結以来、キューバは深刻な経済危機に陥りましたが、革命第一世代の指導力と高い社会開発の成果のおかげで、一元的な政治体制を維持してきました。しかしアメリカとの国交正常化という歴史的局面を前に、キューバはいま岐路に立たされています。キューバとアメリカの国交回復は、キューバの政治的・社会的変化を促進するものになるのでしょうか。革命体制を指導してきたフィデルとラウル・カストロ兄弟も80歳代となり、今後革命体制が存続するか否かについても関心が集まっています。
本セミナーは、神田外語大学イベロアメリカ言語学科と共催のもと、キューバ・アメリカ関係の歴史的経緯・国交正常化交渉の今の経過、今後のキューバの政治体制が直面する課題について解説いたします。みなさまのご参加をお待ちしております。

タイトル
アメリカとの国交正常化交渉に臨むキューバと今後の展望

開催日時
2015年7月29日 (水曜) 17時00分~19時00分 (開場:16時40分)

会場
神田外語大学7号館クリスタルホール
(千葉県千葉市美浜区若葉1-4-1)
http://www.ide.go.jp/Japanese/Event/Seminar/pdf/kuis_map.pdf

最寄り駅
JR京葉線海浜幕張駅よりバス約5分/徒歩約15分
JR総武線幕張本郷駅よりバス約8分
JR総武線幕張駅より徒歩約20分

プログラム
(司会・進行) 舛方周一郎氏(神田外語大学イベロアメリカ言語学科専任講師)

時間        内容
17:00~17:05  開会挨拶 酒井邦弥氏(神田外語大学学長)
17:05~18:25  講演「アメリカとの国交正常化交渉に臨むキューバと今後の展望」
山岡加奈子(ジェトロ・アジア経済研究所地域研究センターラテン
アメリカ研究グループ主任研究員)
18:25~18:55  質疑応答
18:55~19:00 閉会挨拶 柳沼孝一郎氏(神田外語大学副学長)

使用言語 日本語
主催 神田外語大学イベロアメリカ言語学科、ジェトロ・アジア経済研究所
共催  神田外語大学英米語学科、地域国際分野会議
後援  一般社団法人ラテンアメリカ協会
参加費  無料
定員  80名 ※定員になり次第、締め切ります。

お申し込み方法
■ オンラインでのお申し込み
https://www.jetro.go.jp/customer/act-login.action?actId=B0033604S

受講のお申し込み
※初めての方はユーザー登録が必要です。
※ウェブサイトにてお申し込み後、「申込受付完了のお知らせ」メールが配信されます。
同メールが「受講票」となりますので、メール文面を印刷の上、当日受付にご提出ください。

お申し込み締め切り
2015年7月24日(金曜)17時00分 (ただし、定員に達した場合、事前に締め切らせていただきます。)※ 取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますのでご了承ください。

お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部成果普及課
Tel: 043-299-9536
Fax: 043-299-9722
E-mail: seminar@ide.go.jp

2015年アジア経済研究所夏期公開講座(東京)

コース4 キューバ:革命体制の存続と今後の展望

昨年12月に米国との国交正常化交渉開始が発表され、注目されるキューバ。革命体制の存続のために、1991年のソ連崩壊以来の経済危機への対処と、共産党一党独裁の継続を図りつつ、経済改革や政治改革を徐々に開始し、米国との関係改善に動き始めています。本講座では、(1)米国との関係、(2)革命体制の政治面での展望、(3)経済の現状について、3名の講師が解説します。さらに今後のキューバについて、経済改革の進捗、米国やその他の国々との関係、将来の革命体制の存続可能性などを中心に、講師3名によるパネルディスカッションを予定しています。

開催日時
2015年7月30日 (木曜) 13時00分~17時00分

会場
ジェトロ本部 5階 ABCD会議室 pdf
東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル5階
最寄り駅:東京メトロ 南北線六本木一丁目駅・銀座線溜池山王駅・日比谷線神谷町駅

プログラム
時間帯講師テーマ・講義概要
 13:00-13:05 開会挨拶
113:05-14:05山岡 加奈子
(地域研究センターラテンアメリカ研究グループ主任研究員)
キューバと米国はどこまで接近するか?
2014年12月に、キューバと米国は国交正常化交渉開始を発表し、2015年4月には59年ぶりの両国首脳会談が行われました。両国関係の変化と今後の展望について解説します。
214:05-15:05小池 康弘氏
(愛知県立大学外国語学部教授)
キューバの社会主義体制は変わるのか?
キューバの社会主義体制が強固だった理由を、(1)ナショナリズムとの一体性、(2)国家による社会の管理、(3)ソフトパワー、の観点から整理し、政治の現状と民主化の可能性を考察します。
315:20-16:20新藤 通弘氏
(アジア・アフリカ研究所)
キューバが望む経済モデルはどのようなものか?
キューバ経済は、現在構造的改革の過程にあります。破綻した中央指令型経済モデルを、必要な経済成長率5~7%を達成するために、どのように改革を進めているのかを分析します。
416:20-17:00講師全員パネルディスカッション
講師3名の講演を基に、徐々に進む経済改革、ラウル政権下での政治体制の変容、および米国との関係改善の今後の展望などを中心に、会場の皆さまと共に議論します。

使用言語
日本語

受講料 (1コースあたり)
  1. 一般:4,000円
  2. アジ研賛助会正会員、ジェトロ・メンバーズ、農林水産情報研究会会員:それぞれ1口につき先着2名まで無料。3人目より4,000円/人
    ※3人目のお申し込みがあった場合は、その旨当方よりご連絡し、出欠の確認をいたします。
  3. アジ研賛助会個人利用会員:2,000円
  4. 学生:2,000円(学生料金をご希望の場合、必ず申込時に学生証コピーの添付をお願いします。添付が無い場合いは一般料金となります)
※東日本大震災による被災中小企業・中小企業団体様は被災企業・団体様向け有料サービスの無償提供のご案内をご覧ください。


主催
ジェトロ・アジア経済研究所

定員
(1コースあたり)100名

お申し込み方法
■ オンラインでのお申し込み
受講のお申し込み
※オンラインでのお申し込み手続きを終了した後で受講コースの追加・修正等をご希望になる場合には、下記のお問合せ先までご連絡ください。

お申し込み締切
2015年7月16日(木曜)17時00分 (ただし、定員に達した場合、事前に締め切らせていただきます。)

※ 取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますのでご了承ください。
お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課
Tel:043-299-9536
E-mail:kakikoza
E-mail