キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

 ベネズエラ・ボリバル革命に連帯するアピール

 ベネズエラ・ボリバル共和国は、南米大陸の北端に位置し、カナイマ国立公園をはじめ豊かな自然、最高級のラム酒やコーヒー、優れた野球選手などで日本でもなじみのある国です。中でもベネズエラを発祥地とする音楽教育システム「エル・システマ」は、いまや日本を含む80の国・地域に広がり、日々子どもたちの豊かな感性をはぐくんでいます。
 ところが米国は、故チャベス大統領が米国の支配に対抗して社会主義指向の独自のボリバル革命を推進しているという理由だけで軍事的圧力と経済制裁を加え国を破壊しようとしてきました。最近トランプ政権は親米諸国と連携して軍事介入の可能性に言及するに至っています。決して許されないことです。5月20日に迫ったベネズエラの大統領選後に騒乱を生み出す危険も指摘されています。
 このような中、チャベス大統領から政権を引き継いだマドゥーロ大統領は、難しい政策運営を強いられながらも、憲法制定議会の設置、州知事選、全国市長選での勝利、野党との対話を推進することなどで政権の安定を回復し、富の偏在や貧困の撲滅、経済・市民生活改善、治安の安定化等が進められています。とりわけ、コミューナル・カウンシル(参加型民主主義の政治システム)やCLAP(供給生産地域委員会)など人々を政治や経済活動に積極的に引き入れるマドゥーロ政権のユニークな政策は、多くのベネズエラ国民の支持を集めています。
 日本のメディアは米国に同調するかのように「難民急増」「人道危機」「破局」などのあやまった情報を流していますが、これらは国連の報告によっても公式に否定されています。
 今年、その国名ともなったシモン・ボリバルの生涯を描いた映画『リベレイター』が日本でも公開されました。ホセ・マルティと並ぶ南米大陸の偉大な革命家で、今も人々から「解放者」と敬愛される彼の思想と闘いは、「ボリバル革命」としてベネズエラに息づいています。
 私たちは、独立国家ベネズエラに対する米国の不当な軍事的恫喝と政治介入に反対し、この国の真実を伝えること、ベネズエラの政治・経済・文化の魅力を伝え共感を広げること、またチャベス前大統領が始めたボリバル革命とそれを引き継ぐマドゥーロ政権を支持しその活動を紹介すること等々で、日本での連帯を進めていきましょう。

2018年5月12日
講演会「これからのベネズエラ&連帯のありよう」参加者一同
 

ノーム・チョムスキー、ダニー・グローバー及びその他150人の活動家が米国とカナダの対ベネズエラ制裁を非難

 

グローバル正義同盟(Alliance for Global Justice

 

 

150人を超える著名な米国とカナダの市民が、両国政府によるベネズエラ政府に対する一方的な制裁措置に反対している。彼らは制裁をベネズエラの最も貧しく、弱い立場の人たちを不当に苦しめる、違法かつ威圧的な経済措置とみなしている。

 

グローバル正義同盟は、ベネズエラの主権を擁護する人たちとともに、米議会、米大統領及びカナダの議会、カナダの首相に対して、制裁の強化ではなく、最近ベネズエラで実施されている対話が進展しているのを支持し、制裁を解除するよう要求する。以前は、スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ元首相、ドミニカのダニーロ・メディーナ大統領、さらにチリ、メキシコ、ボリビア、ニカラグアの外相らが仲裁協議を主宰し、ドミニカ共和国でベネズエラ政府と野党勢力は長年にわたり話し合いを行ってきた。フランシスコ・ローマ教皇はこの協議を支持してきた。

 

再選を目指しているベネズエラのニコラス・マドゥロ大統領はつい最近、5月20日に大統領選挙を実施することで他の4人の大統領候補と合意に達した。

 

この重要な時期に際して、我々は、米国、カナダ両政府に対し、民主的に、外国から脅威を受けることなく、ベネズエラ国民に次期大統領選で投票させるため、このプロセスを支持するよう要請する。

 

オバマ米政権下でベネズエラに課された制裁措置に加え、米国のトランプ政権とカナダのトルドー政権による追加制裁措置は、生きるのに懸命なベネズエラの一般民衆に新たな負担を課している。この一方的制裁は国際法に違反する。150人を超える著名な米国とカナダの市民や団体が下記の書簡に署名し、現在米国の上下両院議員及びカナダ議会の議員に書簡を送っている。

 

【ベネズエラに対して、制裁ではなく、仲裁を支持する公開書簡】

 

我々は、米国とカナダの政府に対し、ベネズエラに対する違法な制裁を直ちに解除し、ベネズエラ政府と非暴力派の野党勢力とを仲裁する取り組みを支持するよう強く求める。:文末に記した米州機構憲章第4章19条を参照されたい)

 

我々、すなわち下欄に署名した米国とカナダの個々人、団体は、南北アメリカのすべての国の人々の主権の尊重に基づく西半球諸国間の関係を支持する。我々は、違法な制裁措置に深刻な懸念を抱いている。制裁は、その結果として、社会の最も貧しい、ぎりぎりの生活を送っている人々に最も重くのしかかり、姉妹国の民主主義に政治的及び経済的な変化を強要することになる。

 

ベネズエラの世論調査によると、マドゥロ政権を支持するか否かにかかわらず、ベネズエラの大多数の人々が制裁に反対している。制裁は、バチカン、ドミニカ共和国などの国が国際的に仲介し、深く分断されたベネズエラの現状を解決しようと取り組んでいるのを難しくするだけであり、さらには、民主的に選出された政府と制憲議会が危機的な経済課題に対処し、自国の政治的命運を決定しようとしている取り組みを台無しにする。

 

ワシントンとオタワの政府高官らは「高尚な」言葉遣いをしている。にもかかわらず、彼らがベネズエラ政府に対して好戦的な干渉主義の姿勢を取っているのは、民主主義、人権及び社会正義を本心では憂慮していないからである。「ベネズエラは米国を脅かす国家安全保障上の脅威である」とのオバマ前大統領の明らかに不誠実な発言。そして「ベネズエラは世界を脅かし、ますます暴力のはびこる麻薬国家である」とのニッキー・ヘイリー米国連大使の発言に至るまで、外交の場で誇張されて発せられる言葉は、国際舞台での平和的な解決にはほとんど寄与することがない。

 

ベネズエラの政治指導者は米国の覇権に異を唱え、米国がラテンアメリカに新自由主義モデルを導入しようとすることに抵抗している。まさにこのために、メキシコ、ホンジュラス、コロンビア、エジプト及びサウジアラビアとは違って、ベネズエラが米国による体制転換の標的になっていることは、周知の通りだ。さらには、もちろん、ベネズエラは世界最大の石油埋蔵国であり、ワシントンから望まぬ注目を浴びている。

 

米国とカナダは、ベネズエラに対して、偽善的にも、米州機構(OAS)の民主的な憲章を想い起こさせ、OASを使って政治ブロックを形成しようと試みたものの失敗した。ならず者のOAS事務総長ルイス・アルマグロは最近、ベネズエラの野党勢力によって憲法に違反して任命された並行最高裁判所(parallel Supreme Court)の宣誓をついに公然と支持してしまった。そして、どのOAS加盟国も承認していないのに、ワシントンDCのOAS本部を式典のために使用するのを許可した。アルマグロはそうすることによってOASの合法性を失わせ、ベネズエラの最も過激で、暴力を是認する野党勢力をつけあがらせ、仲裁の取り組みを妨害した。

 

米国とカナダのベネズエラに対する制裁は、ハイパーインフレと基本物資の不足を解決しようと取り組んでいる国を攻撃するために、威圧的な経済力を鼻持ちならないやり方で行使したことを意味する。民主主義と自由を前進させるとの名目で実施されているが、国連やOASの憲章で示されているように、制裁は、ベネズエラの人々の主権に対する基本的な人権を侵害している。

 

我々は、米国とカナダの政治指導者に、過熱した発言を止め、ベネズエラの政治、経済問題の本当の解決策を見つけ出すよう努めて欲しい。我々は、米国、カナダの両政府に対し、制裁を取り下げ、ドミニカ共和国のミゲル・バルガス首相とダニーロ・メディーナ大統領、スペインのホセ・ルイス・ロドリゲス・サパテロ元首相、バチカンが追求し、これに同調する国の数が増えているラテンアメリカ諸国によって支持されている仲裁の取り組みを支援するよう勧告する。

 

「米州機構憲章第4章第19条」

いずれの国家または国の集団も、理由の如何を問わず、直接または間接に、いかなる他国の国内または対外の事項に干渉する権利を有しない。この原則は、武力のみならず、国の人格または政治的、経済的および文化的要素に対する他のいかなる形態による干渉または脅威の企てをも禁止するものである。

 

署名者:

 

米国

 

ノーム・チョムスキー 

 

ダニー・グローバー 市民アーティスト

 

エステラ・バスケス 1199SEIU(医療従事者労組)副議長

 

トーマス・ジャムブルン デトロイト大司教区司教

 

ジル・スタイン 米緑の党

 

ピーター・ノールトン 全米電気労組総裁

 

アルフレッド・デ・ゼイヤス博士 元国連高等弁務官事務所 国連の独立調査官

 

メデア・ベンジャミン Code Pink共同設立者

 

ダン・コヴァリック 連邦鉄鋼労働者組合・顧問弁護士

 

クラレンス・トーマス ILWU Local10(在サンフランシスコ労働組合)元専従職員

 

ナターシャ・リシア・オラ・バナン 全米弁護士会会長

 

チャック・カウフマン グローバル正義同盟・共同コーディネーター

 

ジェームス・アーリー ラテンアメリカ及びカリブ海諸国におけるアフリカ系人アーティキュレイション

 

グロリア・ラ・リーバ キューバ・ベネズエラ連帯委員会コーディネーター

 

カレン・ベルナル カリフォルニア州民主党・革新議員団議長

 

ケビン・ゼーズ、マーガレット・フラワー 「人民の抵抗(Popular Resistance)」共同議長

 

クリス・ベンダー SEIU 1000(在カリフォルニア州労組)管理人

 

メアリー・ハンソン・ハリソン 「平和と自由のための女性国際連盟(Womens International League for Peace and Freedom)」・米国支部長

 

アルフレッド・L・マーダー 米国平和評議会(US Peace Council)会長

 

タミー・ドラマー カリフォルニア州民主党執行委員会理事

 

グレッグ・ウィルパルト ジャーナリスト

 

ジェリー・コンドン 「平和のための退役軍人(Veterans for Peace)」理事長

 

チアナ・オカシオ ラテンアメリカ・アドバンスメント・コネチカット州委員会委員長

 

レア・ボルジャー 「戦争を克服した世界(World Beyond War)」コーディネーター 

 

アレクサンダー・マイン 「経済政策研究センター(Center for Economic and Policy Research)」・国際政策研究シニアアソシエイト

 

ケビン・マーティン 「平和活動及び平和アクション教育基金」議長

 

ロバート・W・マッケスニー博士 イリノイ大学アーバナシャンペーン校

 

バーソニー・デュポン 「ハイチ・リベルテ」取締役

 

フレデリック・B・ミルズ博士 (米メリーランド州)ボウイー州立大学哲学部

 

マルシャ・ルンメル (米ウィスコンシン州)マディソン市会議員

 

モニカ・ムーアヘッド 「労働者世界党(Workers World Party)」

 

キム・アイヴス 「ハイチ・リベルテ」記者

 

シンディ・シーハン Cindy's Soapbox

 

クラウディア・ルセロ 「中南米問題シカゴ宗教指導者ネットワーク」議長

 

ウィリアム・カマカロ ベネズエラ活動家 ボルティモアフィル・ベリガン記念チャーター退役軍人

 

デイヴィッド・W・キャンベル、USW Local 675(カリフォルニア州カーソン)事務局長

 

アリス・ブッシュ SEIU Local 73北西インディアナ支部ディレクター

 

テレサ・グティエレス 国際アクションセンター共同ディレクター

 

クレア・デロチェ ニューヨーク拷問に反対する異教徒間キャンペーン

 

エヴァ・ゴリンジャー ジャーナリスト兼作家 クロスボーダーネットワーク(カンザスシティ)

 

アントニア・ドミンゴ ピッツバーク・ラテンアメリカ進出協議会

 

デイヴィッド・スワンソン 「戦争を克服した世界」ディレクター

 

マットマイヤー 「和解フェローシップ」全米共同議長、

 

ダニエル・デール牧師 ディサイプルス派キリスト教教会CLRN理事会

 

キャスリーン・デスセルズ 「八日目の裁きセンター(8th Day Center for Justice)

 

マイケル・アイゼンシュチャー 「戦争に反対する米国労組(USLAW)」全国連絡委員会

 

ポール・ドルダル博士 「解放と公平のためのキリスト教ネットワーク」ディレクター

 

ダラス・フリードマン博士 チャールストン大学国際学部理事

 

チャールズ・ダーム司教 「ドメスティック・バイオレンス・アウトリーチ」大司教区理事

 

ブラス・ボンペイン 南北アメリカ事務所理事長

 

ラリー・バーンズ 西半球問題評議会南北アメリカタスクフォース理事

 

シャラット・G・リン博士 「サンノゼ平和・司法センター」元議長

 

ダニエル・チャベス トランスナショナル・インスティテュート

 

スタンツフィールド・スミス シカゴALBA連帯

 

アリシア・ジャッココ 「キューバ平和、正義、尊厳ナショナルネットワーク国際委員会」米国コーディネーター

 

ディアナ・ボーン「地域行動ニカラグアセンター」コーディネーター

 

ジョー・ジャミソン クイーンズ・ニューヨーク平和評議会

 

ジェリー・ハリス 「北米グローバル研究協会」書記

 

チャーリー・ハーディ 「カラカスのカウボーイ(Cowboy in Caracas)」著者

 

ダン・シェア 「平和のための退役軍人」全国委員会

 

クリスティ・ソーントン博士 ハーバード大学ウェザーヘッド国際問題研究所フェロー

 

 以下略

 

カナダ

 

ジェリー・ディアス UNIFOR(運輸、自動車、通信業界などを網羅したカナダ最大の労組)会長

 

マイク・パレセック カナダ郵便労働者組合議長

 

ハーベイ・ビスショフ オンタリオ州中学校教員組合連盟議長

 

マーク・ハンコック カナダ公務員労組連合議長

 

ステファニー・スミス ブリティッシュコロンビア州政府職員労組委員長

 

リンダ・マックイグ ジャーナリスト・作家 トロント

 

ラウル・ブーバノ 「Common Frontiers」プログラムディレクター 

 

ミゲル・フィゲロア 「Canadian Peace Congress」議長

 

以下略

 

 

 

翻訳:加治康男(独立ジャーナリスト)

 

出典:2018年3月12日付venezuelanalysis.com掲載記事

Noam Chomsky, Danny Glover & 150 Other Activists Slam US-Canadian Sanctions on Venezuela

https://venezuelanalysis.com/analysis/13716

 

 

 

 


ベネズエラ:国際主義連帯拡大の時

カルロス・アスナレス  ブログ・テレスール2018/03/10

 

ベネズエラ・ボリバル共和国は、国際主義の隊列に連帯の抱擁を巻き起こした。これは、サンディニスタの戦いの絶頂期に、またキューバ革命が引き起こした共感の波と共に生まれた連帯に匹敵する特別で強固な連帯だ。今回、カラカスは、ボリバル革命への共感だけでなく、経済・メディア戦争、そして軍事介入の可能性にまで至る帝国主義の露骨な脅しに対して、「私たちは皆ベネズエラ」ということを実際に示す必要があると考える世界のさまざまな人民の思いを背負った何百もの社会・政治組織の代表団を迎えた。

この2回目の国際会合の主催者は、ニコラス・マドゥーロ大統領、ホルヘ・アレアサ外相、制憲議会のデルシー・ロドリゲス議長と永遠の司令官の兄アダン・チャベス国際問題委員会委員長らを筆頭とする革命の最高指導者たちだった。それぞれが、革命が現在どの段階にあるのか、そして、国際右翼が日々撒き散らしている卑劣なでっち上げのキャンペーンを各国において打ち崩し続けることがいかに重要であるかの説明を行った。

マドゥーロ大統領は、本格的な封鎖に至った経済制裁を通じて米国政府が継続する執拗な脅威について警告した。米帝国はそのために、右翼側に屈した国々の従順な人々に教育を施してきたのだ。これについて、数日前に次回の米州首脳会議へのベネズエラの参加を禁止するよう要求してきたご主人様に膝を屈したペルーのペドロ・パブロ・クチンスキー大統領に言及し、「トランプに尻尾を振る犬ども」の一匹である彼のみじめな役割を強調した。また、マウリシオ・マクリ大統領についても、ベネズエラの心配をする前に、アルゼンチンの怒れる大衆がスタジアムや若者のリサイタル、交通機関、そして劇場や映画館においてまで声をあげている要求に対応するべきだと皮肉った。そして、「夏のヒット曲」に歌われる通りで、この曲は最も男らしいバージョンで大統領の母を想起させるものであるとし、また38日国際女性デーでも、現在のアルゼンチンの警察国家状態とマクリの密接な関係を示して、マクリを「彼を産んだ警察」と結び付けようとしていると述べた。

マドゥーロ大統領はリストの最後に「マリアニート」・ラホイ首相を挙げた。ボリバル革命が200万戸の住宅を建設した間に、ラホイ首相は「60万所帯を立ち退かせて、彼らから住む場所を奪った」。またカタルーニャの民主的な国民投票を無効として、フランコ独裁の継続を追認し、人民の自決権を主張した人々を「民主的に」叩き投獄した。

だが、このチャベス派大統領は、300以上の国際主義連帯の代表団が集結した会合の機会を活用して、まずは5月の総選挙に照準を合わせた、そして将来、ベネズエラを地獄に落とそうとする者たちの卑劣な言説を打ち砕くための戦略的武器となる、強固なコミュニケーションの戦いの推進に向け、参加者たちを鼓舞した。

「メディア、ネットワーク、壁」が、大統領が「コミュニケーション革命」と定義するもののために発したスローガンだ。伝統的なもの(文字で書かれた報道、ラジオ、テレビ)、新しいテクノロジー(ツイートからインスタグラムまで)、そして壁や塀にぶちまけられた「下層人民の報道」を統合したこの3つの手段で、まさに、メディアを通じて語ることによって、革命が単に抵抗するだけでなく攻撃へと移行する用意があることを証明する、国内及び国際的キャンペーンが準備されるのだ。

米国と自称リマグループが煽っている「人道危機」や「独裁」といった偽キャンペーンを打ち崩すことが不可欠となる。そのためには、コミュニケーション部隊の働きによって、右翼が隠している真実を示さなければならない。ネオリベラリズム体制の国々では、家を持たない人々、道端で眠る家族、ごみ箱を漁って食べ物を探す人々、教育を受けられない、あるいは初等段階で放棄する子供たちが増え続けている。また、連帯する医師の存在がありながら病院には必要不可欠な資材が不足していたり、貧民街では軍や警察の支配が日常化し、「トリガー・ハッピー」すなわち最も貧困な人々が後ろから撃たれることがますます広がっている。これは、アルゼンチンからメキシコまで、米国までも含めての、一つの現実なのだ。すべての住民が知っているこの現実を、政府は覆い隠そうとしている。そして、まさにこの局面から、マクリやテメル、クチンスキーのような者たちはベネズエラを侮辱しているのだ。従って、戦闘は二つのルートで行わなければならない。一つは、いわゆる「民主主義者」とは、彼らの何人かが最近のホンジュラスの例のように不正規なあるいは不正な選挙で選出された者であったとしても、独裁以上のものにすぎないことを、世界に示すことだ。

これと並行して、ボリバル革命の真実の姿を、毎日繰り返し粘り強く主張することが必要だ。教育、保健、住宅については、南米大陸の右派政権の国々より何光年も進んでいる。この両方の方法での攻撃に当たっては、正しいデータに依拠し、また服従的な姿勢を打破しなければならない。ベネズエラにおいて、最貧困層の住民、そして中間層までが、医薬品の欠乏に苦しみ、あるいは流通の不足から必要な食料品を購入することができずにいることは明らかだ。これは計画の誤りや、すでに罰せられている汚職という陥穽によるものではない。メディアによるテロリズムのキャンペーンが示そうとしているような政府の責任ではなく、58年前のキューバの苦しみを思い起こさせるような、いや、さらに酷くなる恐れのある、冷酷極まりない封鎖によるものだ。この封鎖は、世界のほとんどの人々が知らないか、知っていたとしてもその結果を軽視しているものである。国際市場での各種製品購入を妨げ、あるいは航空会社の運航停止、そしてすでに何年間も続いている日常的な供給拒否などの攻撃だ。

従って、左翼と定義される人々からの、無条件の連帯の約束をさらに多く取り付けることが重要となる。つまらない難癖をつけたり些細なことを批判して気晴らしをする時ではない。今なすべきことは、先ずもってベネズエラを孤立させようとするトランプとEUの企みを打ち破って革命の継続を死守し、4月にリマで開催される米州首脳会議においてベネズエラの声に耳を傾けさせて最初の戦いに勝利すること、そして520日の投票箱をチャベス派の票で一杯にしてマドゥーロを大統領の地位に就かせることだ。勝利への指針を遂行することが緊急課題である。メディアとネットワークを帝国の嘘を打ち砕くための壁と化し、資本主義の残酷さを告発する言葉を壁や塀に記して、必ずや達成する勝利を守る備えを固めることだ。

(https://www.telesurtv.net/bloggers/Venezuela-La-hora-de-aumentar-la-solidaridad-internacionalista--20180310-0002.html)

-------------

カルロス・アスナレスは、紙媒体及びデジタル、ラジオ、TVのメディアで活動するアルゼンチン人ジャーナリスト。国際政治に関する著書多数。レスメン・ラティノアメリカーノ紙編集長。ラテンアメリカと第三世界に関する考察と討論の分野でのボリバル主義教授会コーディネーター。

大使館訳

 

ベネズエラ・ボリバル共和国

人民権力外務省

声明

 

米国政府がボリバルの祖国に対して発した異常な声明への拒否

 

 ベネズエラ・ボリバル共和国は、昨日2017717日にホワイトハウスが発表した異例の声明を拒否する。

 

これは以前に見たこともないような文書であり、その低水準と質の悪さにより、かの侵略国家の意図の知的理解が困難となっている。

米国政府は明らかに自らの国際関係において他国に屈辱を与えることに慣れており、いつものような従属が反応として返って来るだろうと考えている。米国政府がベネズエラとの関係で引き起こしている問題は、国際社会全体にとって、米国政府の行動を理性的に予測することを難しくするものである。

 

 米国政府は、ベネズエラ政治の暴力的・過激派分子への絶対的な肩入れを節度もなく表に出しているが、これら分子は人民の民主的政府を打倒するためにテロリズムを利用することを肯定しているのである。

 

 ベネズエラ野党の倫理崩壊により、トランプ大統領は、ラテンアメリカの一国に対し公然と攻撃を犯すよう駆り立てられてきた。これほど観念・倫理に乏しい声明を誰が書き得たのか、まして承認し得たのか、私たちは知らない。

 

 ベネズエラ野党の薄い民主主義のベールは剥がれ落ち、米国政府の残忍な干渉主義的力が明らかになっている。米国政府は、ベネズエラ国民がこの4ヶ月間苦しんできた暴力の背後に居たものである。  

 

この異例な文書に記述されているのと同程度に法外な脅威を私たちが非難し、立ち向かうのは、今回が初めてではない。

 

私たちはラテンアメリカ・カリブ地域の諸国民及び世界の自由な諸国民に呼びかける。この帝国の声明に書かれた残忍な脅威の重大さを理解し、国際法の基本原則である主権・民族自決・独立を守るようにと。

 

本来的な憲法制定権は私たちの憲法にて考慮されており、その権利はベネズエラ国民にのみ属する。憲法制定国民議会は、私たちの法令が考慮するように、全国選挙評議会(CNE)の権限のもと全てのベネズエラ人男女による直接・普通・秘密選挙を通じて選ばれる。

これはベネズエラの政治的主権たる行為であり、何も、誰も憲法制定議会を止めることはできない。憲法制定議会は前進する!

 

今日、ベネズエラ国民は自由であり、外国人を嫌悪する差別主義的帝国が計画する傲慢な脅威に対し団結して立ち向かうだろう。解放者の反帝国主義の考えが、これまでになく力を持っている:

 

「米国は、自由の名のもとアメリカ(America)を不幸で満たすため天意により遣わされたようだ。」

 

シモン・ボリバル

 

カラカス、2017718