キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

 5月3日憲法記念日に、フジテレビニュースジャパンでキューバ医療のミニ特集があり、以前NNNドキュメント『幸せの指標』で取り上げられたキューバ医療と老人ホームが紹介され、日系一世の島津さんが取材されていました(中野健太さん取材)。なんと島津さんは105歳。社会から大切にされ、最期まで尊厳をもった生き方が保障されていることが伝わってきます。

以下、番組ホームページより。
http://www.fnn-news.com/news/headlines/articles/CONN00245346.html
-----------------

医療大国キューバの恩恵を受ける105歳の日系人を取材しました。
 
カリブ海に浮かぶ島国・キューバは、医師の数が日本の3倍近くいる世界有数の医療大国です。
ここに、最後の日系1世である105歳の男性が元気に暮らしています。

キューバの首都ハバナから南へ300km、フベントゥ島。
1898年、日本人農業移民が入植。
現在、およそ1,100人の日系人が暮らす。
その多くが、この島で農業に従事した。
島津 三一郎さん(105)は、日系移民1世最後の1人。
日系農業移民最後の1人、島津 三一郎さんは「わしゃあ、生まれは、新潟県新発田」と話した。
19歳で新潟県からキューバへ渡り、91歳になるまで、スイカやトウモロコシを育ててきた。
今では、島一番の長寿となった島津さん。
85年間、一度も帰国したことのない祖国。
忘れたことはない。
島津さんは「県立新発田中学校(旧制)、そこの校歌。蒲城の東五十公野の大空高く聳ゆるはこれぞ吾々学生が教を受くる校舎なる」と校歌を口にした。
家族がいない島津さんは、老人ホームで暮らす。

そんな島津さんの日常から見えてくるのは、医療大国キューバの素顔。
社会主義国のキューバでは、教育と医療費は無料となっている。
医療で利益を得ることは目的としていない。
キューバ革命後、カストロとチェ・ゲバラが真っ先に取り組んだのが、教育と医療だった。
島津さんの診察が始まった。
診察しているのは「ファミリードクター」と呼ばれる診療所の医師。
キューバの医師の数は、10万人あたり681人で、日本の3倍となる。
地域医療の軸になるのは、ファミリードクター制度。
カルテは、ファミリードクターが一元的に管理し、大きな病院に転院しても、同じカルテが使われる。
全国1万3,300カ所の地域診療所に勤務するファミリードクター。
全患者の80%に対応し、地域住民の健康に責任を持っている。
病状が重い場合は、地域病院が治療を行い、高度医療は総合病院で行われる。
最高度医療は、研究所が対応する。
レベルに応じた医療機関の役割が、明確に定められている。
キューバ医療の中核をなすファミリードクターが心がけていることがある。
ファミリードクターのエレナ・ゴンザレス医師は「医療は予防に重点を置いています。患者が重症化しないよう、常に予防するという心がけが、結果的に国の医療費の削減にもつながります」と話した。

島津さんが暮らす地域の老人ホームに、食事の時間がやってきた。
3度の食事と3度のおやつ付き。
島津さんの食欲は旺盛。
たばこも、1日20本支給されている。
24時間、医療スタッフが看護をし、2日に1度は専門医の診察も受ける。
病気の際は、施設内の個室で治療を受け、病状が重ければ、近所の総合病院で治療を受ける。
島津さんは「ここは一生50年、100年、1銭もいらないところ。世界にない、んなもんない。そらな、感謝、ハイ」と話した。
施設の1カ月の費用は40ペソ、およそ200円。
これは、老人年金の6分の1。
島津さんは「日本と違います。養老院」と話した。
島津さんは2013年、体調を崩した。
しかし、早期に病院で治療し、2週間の入院を経て、住み慣れた老人ホームに戻ることができた。
マグダリス・ソリア副施設長は「この老人ホームは、さまざまな背景を持った家族のいない身寄りのない老人が集まっています。ベッドや部屋も、亡くなるまで確保されています」と話した。
島津さんのベッドは、生涯保証されている。

105歳の島津さんには居場所がある。
今の目標は、きわめて明快。
島津さんは「アイ・ケ・ビビル(生きなければならない)」と話した。
社会主義国のキューバでは、医療行為でもうかるシステムになっていない。
患者が減ることが、全ての人にとって幸せなのだという。
105歳の島津さんも、そんなキューバ医療の恩恵を受ける1人。
島津さんは「日本にお帰りで? さようなら。三一郎・島津は、130歳まで生きております」と話した。
曲がり角に立つ日本の医療。
その行く末を考えるうえで、大きなヒントがある。

キューバは資源が少ないため、中南米のベネズエラ、ボリビアといった国々に医師を派遣するなど、医療を外交にも利用しています。
また、医療水準を高めるため、医学部の学費は無料。
そしてこのルールが留学生にも適用されるため、社会主義の国々から優秀な学生が集まるということです。



ハイチにたいするキューバの医療援助の主要点、

地震以前および地震を通して

キューバ大使館より


-キューバ国民の連帯は地震発生でハイチに届いたわけではない。キューバのハイチ兄弟国民にたいする協力はすでに10年以上前から続いている。

-ハイチでの地震発生時には、約400人のキューバ人協力者が無償で献身的に働いていた。

-キューバ人医師は地震発生直後からその活動を開始した。地震発生後72時間以内にハイチ国民が受けた医療支援で最も重要なものであった。事実上、その時点での唯一の医療支援であった。

-1月13日、さらに60人を超える医療協力者がポルトープランス市の現地に入った。その中には同様の自然災害で経験を積んだ緊急事態対応「ヘンリー・リーブ部隊」の専門家たちがいる。

-この医療部隊は薬品、非常補給食、食料、血清・血漿バッグを携行した。

-1月14日木曜日20時までに、ポルトープランス市内5カ所の支援センターで1987人を診療し、111件の外科手術を行った。

カンパニャ・デ・アネクソ病院、ラ・ルネサンス病院、オファトマ病院、グラン・ゴアブ総合診断センター、ミレバレ総合診断センターの5ヵ所であり、後者2センターは首都郊外にある。

-さらにハイチの地方部のキューバ人医療協力者は6番目の医療センター、デルマ33病院で活動を開始した。

-キューバで医師としての教育を受けた約400人のハイチ人青年が、この非常事態下で救命のためキューバ人部隊を支援して現在、働いている。

-米航空機に対し、キューバ東部地域の領空使用を要請があれば即承認するという公表済みの情報を我々は確認している。
-キューバは、ハイチ国民を助け、一人でも多く救命するために現場で米国を含むすべての国と協力する用意がある。キューバはハイチ国内に人員および必要なインフラを有しているからである。

-現在、キューバはベネズエラ、ナミビア、ノルウェーと協力している。

-キューバは中国、ドミニカ共和国、メキシコ、ロシアとも協力している。

-パンアメリカン保健機構(PAHO)に対し、ハイチでの医療支援を確実なものとするためのロジスティック支援、使い捨て外科用品、病棟支援機材、その他必要な物資を依頼した。

-1998年12月からキューバは「総合保健プログラム」を通じてハイチ国民に医療協力を行ってきている。

-今日までに6094人の協力者がハイチの医療部門で活動し、1400万回を越す診療を行い、225,000件を超す外科手術、10万回を超える出産に対応し、23万人以上の命を救った。

-2004年、ハリケーン・ジーンがゴナイーヴ市を通過した後、キューバは64人の医療チームと薬品12トンを用いて支援を行った。

-キューバとベネズエラが建設した総合診断センター5ヵ所は、地震発生前からその活動を行っていた。

-2004年から「奇跡の手術」がハイチで実施されている。2009年12月31日までに計47,273人のハイチ人が手術を受けた。

-現在、キューバで660人のハイチ人青年が勉強しており、541人が医師になるための教育を受けている。

-これまでにキューバで917人の専門家が養成された。うち570人は医師である。

-キューバがハイチと協力している分野は医療、教育のほか農業・エネルギー・漁業・通信分野である。
-教育分野でのキューバの協力の結果、ハイチ人160,030人が読み書きができるようになった。
  



キューバ大使館資料
2010年1月20日

キューバの素晴らしい医療の紹介

ハバナの空港に深夜到着し、翌朝にキューバ保健省係官との懇談がありました。また、ポリクリニコ(竹診療所)やファミリードクターの見学、ラテンアメリカ医学校の訪問を通し、キューバの医療を簡単にまとめてみました。

キューバ2009 012

 保健省の係官からのキューバ医療のレクチャーを受ける訪問団。

 

キューバ2009 015

 皆さんから寄付していただいたボールペン・マット・タオル等のおみやげを渡す。是永さんと。

 

キューバ2009 026

 ポリクリニコで副所長さんからキューバ医療について詳しい説明を聞く。

  

キューバ2009 075

 『ラテンアメリカ医科大学の広大な運動場、木々の先は海です。環境抜群でした。

元海軍の施設を「ラテンアメリカ医科大学」とし海外の学生およそ1万人が学んでいる。もちろん図書館・音楽ホール・病院・寄宿舎等の施設は充実しています。学費・生活費は無料で、お小遣いもいただけます。

 


1)キューバ人は憲法で医療受ける権利が保障されている。

2)無料でキューバ人は誰もが平等に医療を受けることが出来る。


3)経済的には貧しい国なのに、乳幼児死亡率は低く米国をしのぎ、平均寿命も78歳と先進国並みである。


4)キューバ国民は一人残らず健康面でフォローされている。


5)国民800~900人に1人のファミリードクターがいる。一人一人のカルテがある。

医師数72,416人でうち47%の34000人がファミリードクター。


6)患者はファミリードクターに診察を受け、必要ならポリクリニコ(地区診療所 約500ヶ所)で検査や簡単な治療を受け、必要なら病院の専門医を呼んで診察を受け、必要なら病院(約220ヶ所)や専門病院(大学病院24ヶ所、研究所14ヶ所)での治療を受ける。


もちろん、自分で病院に直接行って治療を受けることも自由にできる。



7)医療の重点は予防医療である。
食習慣、禁煙、断酒、運動奨励など生活習慣の指導と、予防接種、リハビリに力を入れている。



8)また、キューバでは子供と老人は大切にされている。子どもと母のプログラム、高齢者ケアプログラムが取り組まれている。



9)キューバは、「自分のためでなく困っている他人や他の国のために」世界の貧しい国、医療を必要としている地域に医師や医療従事者を派遣、また、無料で貧しい国や地域の医師、医療従事者の教育養成を行っている。