キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

キューバ一日目


ホテルでの朝食の後、厚生省広報部長のボルテージャ先生の「キューバ医療について」の話を聞いた。

阪南中央病院のスペイン語版病院案内を渡した。

その後、ポリクリニコ訪問。昨年とは違うポリクリニコ。

副代表医師の美人でしゃきしゃきとした案内、説明にキューバ好感度アップ。

最後に写真を撮りお土産を渡した。

ポリクリニコから歩いて数分のところのファミリードクターを訪れた。

一階は診察室二階はドクターのおうちになっている。たくさんのカルテが置いてある。

昼食は旧ハバナ市内の海岸に近いレストランで豚と鶏の串焼きをいただく。

もちろん楽団付き。

ホテルに戻り教育省の教育学教授より「キューバの教育について」お話を伺う。

「キューバの教育」(スペイン語)の本を各自にいただき日本からのお土産を渡した。

最後はICAP(キューバ諸国民友好協会)表敬訪問。

ICAPの本部はきれいな大きな庭付きの建物。

ICAP副総裁のアリシアさんの笑顔でのお出迎えに緊張がほぐれる。

大きな部屋に通された。

アリシアさんが私たちに歓迎の言葉を述べられ、団長がこのツアーの意図と阪南中央病院のことを話す。

夜は旧ハバナ市内のレストランで豚・魚・鶏のなかから好きなものを選んだ。もちろん音楽付き。