キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

9月10日3時からキューバ大使館で「キューバンファイブについて」記者会見が
開かれました。

「キューバを知る会・大阪」から1名参加し、ニューヨーク・タイムズ宛にアピール
文を読み上げました。(英文で)

以下は、アピール文です。
早速、ニューヨーク・タイムズ 東京支局宛にFAXします。


ニューヨーク・タイムズ様

アメリカに囚われている5人のキューバ人に自由を!

 12年前の1998年9月12日、5人のキューバ人がFBIによって逮捕されました。

米国の国家安全保障を脅かすスパイ活動をおこなったという罪状です。
しかし、実際に彼ら5人がおこなっていたのは、マイアミを拠点とするテロ組織による
キューバへのテロ活動を未然に防ぐための情報収集でした。
 5人はマイアミの拘置所に17ヵ月にわたって不当不法に孤立監禁されました。
その後2000年11月に、キューバに対する偏見と反感が激しいマイアミの裁判所で、
当地の市民を陪審員として裁判が開始されました。
被告らは裁判地の変更を求めましたが認められず、2001年6月、有罪の判決が下され
ました。
 5人に対する罪状は、逮捕直後の訴状からいくつもの追加や訂正が加えられましたが、
それらの罪状は、公正な裁判では有罪となることは考えられないものです。
それは、数多くの法曹関係者が指摘し、また国連人権委員会も認めているところです。
しかし、判決では終身刑を含む極度に重い量刑が下されました。
 さらに、監獄でも不当な非人道的な扱いがなされています。
つい最近でも、ヘラルド・エルナンデスさんが独房に監禁され、ひどい非人道的扱いを
受けました。
二人の妻たちが夫たちとの面会を求め続けていますが、米国はビザの発給を拒否してい
ます。
妻たちへのビザの発給も含め、人道的な対処を求めます。
 2005年5月には、国連人権委員会が5人の家族の訴えを取り上げました。
そして、5人の投獄が不法で恣意的なものであると結論づけ、米国政府に対して5人を
釈放するよう勧告しました。
しかしながら、それは未だに実現していません。
今ではこの事件は全世界的に知られるようになり、日本の私たちも含めて世界中の多くの
人々が、この不当な投獄を終わらせ5人を釈放するように求めています。
2009年1月には、日本の数多くの弁護士や法学者がアミカスキュリエ意見書を
米国連邦最高裁判所に提出しました。
私たちの会は、キューバン・ファイブについての学習会をおこない、そのパンフレットを
作成し、5人の顔写真を印刷したTシャツを着てメーデーでビラまきをし、5人へメッセー
ジを送るなどの活動をしてきました。
 世界的な釈放運動の高まりの中で、2009年12月にマイアミの連邦地方裁判所で
減刑の再判決がおこなわれるなど、4人についてわずかながら減刑がおこなわれましたが、
全くのごまかしに過ぎません。
 米国のメディアも、この5人のキューバ人に対する不当不正な扱いを終わらせるために、
事実を報じ、米国政府に正当な対処を求めるべきです。

2010年9月10日  
                      「キューバを知る会・大阪」


“Free Cuban Five from Inhumane Imprisonment !”

For the Attention of New York Times;

The coming September 12th will be the twelfth anniversary of the unjust imprisonment of five Cubans, Gerardo Hernandez, Ramon Labanino, Rene Gonzalez, Antonio Guerrero and Fernando Gonzalez.
They were arrested and imprisoned for alleged espionage activities which should pose a threat to the US national security.
The fact, however, was that the five Cubans were monitoring anti-Cuban terrorist organizations that freely operated in Miami and defending Cuban and American people from terrorist actions.

The five Cubans, Cuban Five, were unjustly imprisoned in Miami for 17 months. In November, 2000, the trial of the Cuban Five started in a court in Miami with local citizens as the panel of jurors. It is well known that prejudice and hostility against Cuba is very severe in Miami. The defendants' request for change of the place of trial was denied, and they were sentenced guilty in June, 2001.
A fair trial would not possibly sentence the Cuban Five guilty. Many lawyers and United Nations Commission on Human Rights point out that the trial was operated unfairly. The Miami court ordered extremely heavy sentences including life imprisonment.

It must be noted that the Cuban Five have been unjustly and inhumanely treated in prison. Only recently Gerardo Hernandez was subjected to excessive inhumane treatment in solitary cell.
The wives of Gerardo Hernandez and Rene Gonzalez, who have been requesting that they should meet their husbands, have been denied visas to visit their husbands. We strongly ask the US government for humane treatment of Cuban Five including the issuance of Visas for the wives to visit their husbands.

In May, 2005, United Nations Commission on Human Rights took up the appeals of the families of the Cuban Five. Concluding that the Cuban Five are unjustly and arbitrarily imprisoned, United Nations Commission on Human Rights recommended the US government that the Cuban Five should be released.
To our great regret, however, their release has not been achieved yet. Now the issue of Cuban Five is well known all over the world. Many people including us Japanese are calling for the immediate release of the Cuban Five to terminate the unjust imprisonment. In January, 2009, many Japanese lawyers and jurists submitted an amicus curiae brief to the United States Supreme Court.
We Cuba-Osaka Friendship Group have been and are telling Japanese people that the Cuban Five are unjustly imprisoned and should be immediately released. We sent encouraging messages to the Five Cubans.

With the voice calling for the release of the Cuban Five globally roaring, the Miami District Court reduced the sentences of the four of the Cuban Five. The reduced sentences are just minor. They are just a fake.

We strongly request that the US media should report to the US people how the Cuban Five have been and are being treated inhumanely in prison and ask the US government for the right and fair treatment and for the immediate release of the Cuban Five.

September 13, 2010




Cuba-Osaka Friendship Group