キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

持続可能な社会を実践するキューバの今を語る

「アレイダ・ゲバラさん講演会」

テ-マ:ゲバラの精神とキューバの社会主義

http://www.liveinpeace925.com/schedule/aleida101023.htm


アレイダ・ゲバラ:
19601124日生まれ (49)キューバ革命の指導者の一人、チェ・ゲバラの娘。
彼女が
4歳のときに父・ゲバラはキューバを去っている。
アレイダは父と同様小児科の医師として、キューバを拠点としアンゴラ・エクアドル・ニカラグアで
医療活動を行い、また途上国の人権活動にも携わっている。
2児の母。



日時:

2010年10月23日

13時45分~16時30分
(13時15分開場)

場所:中央区民センター
(地下鉄堺筋線【堺筋本町}下車5分)
tyuuoukuminnsennta.gif

参加費:1000円

参加申し込みは不要です。直接会場にお越しください。

主催:キューバを知る会・大阪
共済:リブ・イン・ピース☆9+25

  米国による厳しい経済制裁の中で、無料の教育や医療を維持し、社会主義を50年間にわたって堅持し続けているキューバ。
私たちがこの夏に訪れたキューバは貧しいながらも人々が活き活きと生活し魅力がいっぱいでした。そこにはキューバを導いてきたフィデル・カストロだけでなく、共に革命を成功させたチェ・ゲバラの精神と思想、生き方が現在まで支持され根付いていることを強く感じました。

 今回そのチェ・ゲバラの長女であり、自身も小児医師として世界中で医療活動を行っているアレイダ・ゲバラさんをお招きします。

  キューバ社会主義とゲバラが言う「社会主義的人間」のあり方、医療や有機農業への取り組み、国際連帯の考え方などをお聞きし、キューバ社会が直面している課題や取り組みなどについても語っていただければと思います。
キューバについて、そして日本の社会のあり方についても考えるきっかけになればと思います。
ぜひご参加ください。