キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

キューバを知る会・大阪の皆さんへ

 

私は、あなた方を日本におけるキューバ連帯活動の主要組織として、ワシントンで行われる行動週間への支援をいただけるよう奨励します。より広い情報を得るために下の記事を読んでください。

 

あなた自身や大阪のあなた方の組織がプログラムを検討し、リストにある支持者と同様の行動を、日本で実施するかどうかが、非常に重要な意義を持つことになるでしょう。下記の内容を読んでください。

 

あなた方からご連絡をお待ちしております。

 

Rigoberto Zarza

ICAP職員

                     キューバン5解放国際委員会    

                    キューバン5のためのワシントンDCでの4月行動に参加しよう!

                

                      友人たちに転送してください

 

キューバン5解放国際委員会からの「ワシントンDCのキューバン5のための5日間」の呼びかけ後、多くの友人が417日から21日のワシントンでの行動に熱狂的な支持で応えた。カナダ、ヨーロッパおよびラテンアメリカと同様にいくつかの米国の都市から、アメリカで不当に投獄された5人のキューバの反テロリスト戦士を支持する活動に参加するために、解放をもとめる人たちはワシントンに集まるでしょう。

 

  アメリカ国内外から、著名人及び組織が、この5日間の行動を支援する為に派遣されており、その中には、著名な知識人や教授、宗教指導者、労働組合員、俳優、芸術家や活動家といった人々が含まれている。個々の著名な支持者には、ノーム・チョムスキーをはじめ、ダニー・グローバー、マイク・ファレル、ピート・シーガー、アンジェラ・デイヴィス、トニー・ウッドリー、ラファエル・キャンセル・ミランダ、ゲイル・マクラフリン、リッチモンド(CA)の市長、カトリックの聖職者ジェフリー・ボトムズ、その他大勢。

支持組織としては、全国弁護士協会をはじめ、ウィリアム・ベラスケス研究所、国際司法連盟、南北アメリカの学校ウォッチ、国内キューバ・ネットワーク、立憲人権擁護センターおよびその他多数(賛同者リスト参照)

 

   この歴史的な連帯と抗議の5日間、ヘラルド、ラモン、アントニオ、フェルナンドおよびレネの即時釈放を要求するための連帯と抗議行動に参加しよう。

 

   米国首都でのキューバン5のケースを取り上げる5日間を支援する時間は、まだある。

 

a.. もしあなたが参加に興味を持っているか、賛同人のリストにあなたの組織を追加したいならば、info@thecuban5.orgメールをください

b.. もしあなたがポスターを貼るなどボランティアで活動をしたいと思うのならば、info@thecuban5.orgにメールし、ワシントンDCへいつ来られるか私たちに知らせてください。     

c.. ワシントンDCに来ることができず、カンパをすることができる場合は、ぜひ寄付をお願いします。

正義と人権を支持するこの重要な日が成功できるように、私たちは至急あなたの支援を必要としています。

 

                        417日から21日までの予備スケジュール

 

417()  a.. 終日米議会でのロビー活動

418()  a..引き続きロビー活動 代議士への情報の配布。

          b.. 午後から大衆行動 カナダの著者スティーヴン・キンバー氏より、彼の最新刊「水中(海)に横たわってるものは何か: キューバン5の真実の話」について語る(時間および場所TBA)

c.. 午後 7:00 ドキュメンタリー上映、「本物のテロリストよ、名乗り出よ」 メリーランド大学 ニュンブル文化センターにて。ゲストは、キューバ作家・芸術家協会(UNEAC)代表ミゲル・バーネット氏。

419() a.. 午前: ワシントンのD.C.周辺の要衝の中で出先機関用テーブルをセッティング

b.. 午後6:00、キューバン5を支持する新しい委員会をの発足イベントをタコマパークで開催。地方議員が招待されている。情報公開および201110月に米国のラ・コルメニータの歴史的な旅についての新ドキュメンタリー「Esencias」を上映。

c.. 7pm: ドキュメンタリー上映「本物のテロリストよ、名乗り出よ」ハワード大学のブラックバーン講堂にて。出演 ピエロ・クレイジェシス教授(対立する使命 ハバナ、ワシントンおよびキューバの1959-1976の著者)

420() イベント

 

                        「オバマよ、私に5人を与えよ」

 

a.. コロンビアロード1640・フェスティバルセンターでの公開イベント。 午後6時より移動展覧会、「私のペンからのユーモア」、Gerardo Hernandezの政治漫画展開催。 午後7時から討論議題1) キューバの経済封鎖を解除せよ2) 渡航禁止令の廃止3) キューバン5を解放せよ、4) キューバを「テロ支援国家」のリストからはずせ および5) キューバへのグアンタナモ基地返還。

招待された基調演説者は:ミゲル・エストコ神父、20089月から20099月までの国連総会会長、前ニカラグア外務大臣、カトリックの聖職者。   さらにウェイン・スミス、サーリム・ラムラニ、メイビス・アンダーソン、ジェームズ・アーリー、ホセ・ペルティエラ、ソール・ランダウ他。 招待されたゲスト、ナンシー・モレホンおよびアバイォミ・フリアによる詩の朗読。 米国および国際ゲスト: シンディー・シーハン、ノーマン・ピーチ(ドイツ)アーノルド・オーガスト(ケベック)、スティーヴン・キンバーおよびブライアン・ゴードン・シンクレア(カナダ)、カトレーン・デマインク (ベルギー)、サーリム・ラムラニ(フランス)、そしてALBA諸国の大使。

421() a.. 午前10時、各宗教団体のリーダーによる会合 (場所TBA)

b.. 午後1時、ホワイトハウスでのピケ/集会。スローガン「キューバン5のフリーダムライド」の下、ニューヨークからのワシントンDCへやってくる、5人の各ヒーローの代表がいる5つのブースに全国津々浦々から集まって来るでしょう。

私たちは、オバマ大統領へ強いメッセージを書き込んだ旗やプラカード等を持参するよう皆さんに依頼しています。

c.. 午後4時、クロージングイベント、ベネズエラ・ボリーバル共和国大使館(2443のマサチューセッツ通り、N.W)のボリーバルサロンにて。基調演説者はシンディー・シーハンDC子ども劇場グループによる報告: 「キューバの最も大きな武器、キューバの医療支援」オビ・エブナJrが司会をします、および「ステージ上のヘミングウェイ」ブライアン・ゴードン・シンクレア(芸術部長)が報告。

以上のような計画された活動に加えて、主催者は地方紙およびポスターに「オバマよ、私に5人を与えよ」の広告を載せ、ワシントンの中に撒きます。 さらに、ワシントンDCと周辺地域の聴衆は、地方のラジオ局から、キューバン5について、及びアメリカとキューバの関係の正常化にむけて存在する障害に関して、聞くでしょう。

 

正義のための闘いが行われるこの記念週間のキューバン55日間の成功のために支援してください

 

 

キューバン5解放国際委員会

詳細は:   www.thecuban5.org  をご覧ください