キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

キューバに対する米国政府による破壊計画の告発

キューバ外務省は声明を発表し、その中で、米国の通信社AP43日に報じた「社会不安を引き起こすために米国がキューバ版ツイッターを密かに作成した」という記事に含まれる情報は、キューバに対する米国政府の転覆計画の継続性についてのキューバ政府の告発を裏付けるものだ、と述べた。

これらの計画の目的はキューバ国内に政治的に不安定な状況を作り出すことであり、そのために米国政府は毎年数百万ドルもの予算を投入し続けている。

このような行動は、国際法の尊重と国連憲章の目的ならびに原則に違反し、またスパムメッセージや個人情報に関わる技術の使用を阻止する国際電気通信規則に違反している。合計すると、国際電気通信連合の11の規則に違反している。

キューバ通信省とキューバ電気通信公社(ETECSA)の職員は、数年前から秘密裏に作成され、AP通信によって告発された、ネットワークの不安定化や​​停滞の原因となりサービス品質の低下をもたらした「キューバ版ツイッター」といった、キューバに対する違法目的での電気通信サービス·プラットフォームの使用を糾弾した。

一つ例を挙げると、2009年には、5日から6日の間に30万回ものスパムメッセージの大規模かつ違法な送信が検出された。一つのプラットフォームが行ったものではなく、現在も活動している他の複数のプラットフォームが存在する。

ETECSAのデータベースが違法に入手され使用された。データベースの50万人のユーザーの年齢、性別、配偶者の有無、政治的所属、その他に分類された違法なプロフィールが作成されたのだ。

米国による執拗な封鎖や今回のような不安定化を図る工作にもかかわらず、このような操作は、全国民へのインターネットアクセスの拡大を促進するための開発計画に影響を与えないことをETECSAは改めて表明した。

米国政府は、キューバ国民と国際世論に拒絶されているこれらの違法な秘密工作を停止すべきである。