キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

親愛なる友人の皆さん

 

キューバ外務省アメリカ局長ホセフィナ・ビダル・フェレイロの声明をお送りします。アメリカ政府がキューバに対して続けている転覆計画を今一度告発するものです。

 

駐日キューバ共和国大使館

Tel: (03) 5570-3182

URL: http://cubadiplomática.cu/japon

https://www.facebook.com/embajada.cuba?fref=ts

 

 

キューバ大使館資料

ホセフィナ・ビダル・フェレイロ外務省アメリカ局長声明

2014年8月5日、ハバナ市

 

米国政府が実施を続けるキューバ転覆計画に関し、キューバ政府が繰り返し行って来た告発が今一度確認された。

 

8月4日、アメリカのAP通信は4月に報道した「スンスネロ」秘密作戦に関する記事の続報として、米国国際開発庁がキューバ青年に否定的な影響を与えるために資金提供したこれらの作戦の他の計画の内容について報道した。アメリカ政府が破廉恥にも自らが考案者であり実行者であると認めたこの作戦は、この目的のために雇われた中南米の手先が事前に特定した青年達を対象に、キューバの青年を政治活動家としてキューバ政府に反対する活動に組織しようとしたものである。

 

これらの事実は、アメリカ政府がキューバへの敵対的介入計画を放棄しておらす、不安定な情勢を作り出して我が国の政治秩序を転換させようとし、毎年何百万ドルもの資金を投入していることを証明するものである。

 

アメリカ政府はキューバに対する不当な秘密転覆活動の全てを一斉に中止すべきである。それらの活動は我が国の主権を侵害するものであり、我々の経済社会モデルを改善し、我々の民主主義を強固なものにするというキューバ国民によって表明された意志に反するものである。