キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

7月20日の毎日新聞の朝刊に高月紘さん(石川県立大教授)のインタビュー記事があった。


ごみの元を断て

循環型社会をどう見る

<資源消費や環境負荷の少ない社会を目指す「循環型社会形成推進基本法」が2000年に制定された後の

日本の現状の問題と目指すべき方向

『基本法ではリデュース(発生抑制)、リユース(再利用)、リサイクル(再資源化)の3Rもこの正しい優先順位になっている。』

『しかし、現実は使い捨て型の商品の生産・消費抑制はほとんどなく、リサイクルすることに勢力が注がれ、

「循環型」はリサイクルのいうイメージ。リサイクルするにも資源とエネルギーを使い続ける必要がある。

中国もインドも本格的に始めたら地球はやがて破綻する。「持続可能な社会」を目指すべき。』

<家庭から出されるゴミ>

『最近では容器用包装材が(家庭用ゴミの)容積の62%を占め、その大半はプラスチック類。プラスチックや有害なゴミは、処理の能力を高めてもお金はかかるし、追いつかない。「元を断たなければ」と。』

『特に使い捨ての容器の場合は、後のゴミの始末は自治体、つまり市民の税金でまかなうので売った側にはかからない。費用負担がかからない製品に向かっていく。

ドイツのように使い捨て容器を回収する費用も事業側の負担になったら、リターナブルが増えるでしょう。』

<持続可能な社会へのアイデア>

『長持ちする製品のレンタル、リース、メンテナンスなどで利潤を得れば、それほど資源やエネルギーを使わなくてすむ。』

『今の社会の仕組みを変えるには小さいころからの環境教育が大切と考え、漫画などを使い取り組んでいる』

 

キューバのごみ処理について大変興味深いニュース(2007年5月27日)がありました。参考にしてください。


http://www.news.janjan.jp/world/0705/0705256145/1.php

キューバでは環境教育にも力を入れています。