キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

2015年アジア経済研究所夏期公開講座(東京)

コース4 キューバ:革命体制の存続と今後の展望

昨年12月に米国との国交正常化交渉開始が発表され、注目されるキューバ。革命体制の存続のために、1991年のソ連崩壊以来の経済危機への対処と、共産党一党独裁の継続を図りつつ、経済改革や政治改革を徐々に開始し、米国との関係改善に動き始めています。本講座では、(1)米国との関係、(2)革命体制の政治面での展望、(3)経済の現状について、3名の講師が解説します。さらに今後のキューバについて、経済改革の進捗、米国やその他の国々との関係、将来の革命体制の存続可能性などを中心に、講師3名によるパネルディスカッションを予定しています。

開催日時
2015年7月30日 (木曜) 13時00分~17時00分

会場
ジェトロ本部 5階 ABCD会議室 pdf
東京都港区赤坂1-12-32アーク森ビル5階
最寄り駅:東京メトロ 南北線六本木一丁目駅・銀座線溜池山王駅・日比谷線神谷町駅

プログラム
時間帯講師テーマ・講義概要
 13:00-13:05 開会挨拶
113:05-14:05山岡 加奈子
(地域研究センターラテンアメリカ研究グループ主任研究員)
キューバと米国はどこまで接近するか?
2014年12月に、キューバと米国は国交正常化交渉開始を発表し、2015年4月には59年ぶりの両国首脳会談が行われました。両国関係の変化と今後の展望について解説します。
214:05-15:05小池 康弘氏
(愛知県立大学外国語学部教授)
キューバの社会主義体制は変わるのか?
キューバの社会主義体制が強固だった理由を、(1)ナショナリズムとの一体性、(2)国家による社会の管理、(3)ソフトパワー、の観点から整理し、政治の現状と民主化の可能性を考察します。
315:20-16:20新藤 通弘氏
(アジア・アフリカ研究所)
キューバが望む経済モデルはどのようなものか?
キューバ経済は、現在構造的改革の過程にあります。破綻した中央指令型経済モデルを、必要な経済成長率5~7%を達成するために、どのように改革を進めているのかを分析します。
416:20-17:00講師全員パネルディスカッション
講師3名の講演を基に、徐々に進む経済改革、ラウル政権下での政治体制の変容、および米国との関係改善の今後の展望などを中心に、会場の皆さまと共に議論します。

使用言語
日本語

受講料 (1コースあたり)
  1. 一般:4,000円
  2. アジ研賛助会正会員、ジェトロ・メンバーズ、農林水産情報研究会会員:それぞれ1口につき先着2名まで無料。3人目より4,000円/人
    ※3人目のお申し込みがあった場合は、その旨当方よりご連絡し、出欠の確認をいたします。
  3. アジ研賛助会個人利用会員:2,000円
  4. 学生:2,000円(学生料金をご希望の場合、必ず申込時に学生証コピーの添付をお願いします。添付が無い場合いは一般料金となります)
※東日本大震災による被災中小企業・中小企業団体様は被災企業・団体様向け有料サービスの無償提供のご案内をご覧ください。


主催
ジェトロ・アジア経済研究所

定員
(1コースあたり)100名

お申し込み方法
■ オンラインでのお申し込み
受講のお申し込み
※オンラインでのお申し込み手続きを終了した後で受講コースの追加・修正等をご希望になる場合には、下記のお問合せ先までご連絡ください。

お申し込み締切
2015年7月16日(木曜)17時00分 (ただし、定員に達した場合、事前に締め切らせていただきます。)

※ 取材のため会場内にメディアのカメラや撮影チームが入る可能性もありますのでご了承ください。
お問い合わせ先
ジェトロ・アジア経済研究所 研究支援部 成果普及課
Tel:043-299-9536
E-mail:kakikoza
E-mail