キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

大使館訳

 

ベネズエラ・ボリバル共和国

人民権力外務省

声明

 

米国政府がボリバルの祖国に対して発した異常な声明への拒否

 

 ベネズエラ・ボリバル共和国は、昨日2017717日にホワイトハウスが発表した異例の声明を拒否する。

 

これは以前に見たこともないような文書であり、その低水準と質の悪さにより、かの侵略国家の意図の知的理解が困難となっている。

米国政府は明らかに自らの国際関係において他国に屈辱を与えることに慣れており、いつものような従属が反応として返って来るだろうと考えている。米国政府がベネズエラとの関係で引き起こしている問題は、国際社会全体にとって、米国政府の行動を理性的に予測することを難しくするものである。

 

 米国政府は、ベネズエラ政治の暴力的・過激派分子への絶対的な肩入れを節度もなく表に出しているが、これら分子は人民の民主的政府を打倒するためにテロリズムを利用することを肯定しているのである。

 

 ベネズエラ野党の倫理崩壊により、トランプ大統領は、ラテンアメリカの一国に対し公然と攻撃を犯すよう駆り立てられてきた。これほど観念・倫理に乏しい声明を誰が書き得たのか、まして承認し得たのか、私たちは知らない。

 

 ベネズエラ野党の薄い民主主義のベールは剥がれ落ち、米国政府の残忍な干渉主義的力が明らかになっている。米国政府は、ベネズエラ国民がこの4ヶ月間苦しんできた暴力の背後に居たものである。  

 

この異例な文書に記述されているのと同程度に法外な脅威を私たちが非難し、立ち向かうのは、今回が初めてではない。

 

私たちはラテンアメリカ・カリブ地域の諸国民及び世界の自由な諸国民に呼びかける。この帝国の声明に書かれた残忍な脅威の重大さを理解し、国際法の基本原則である主権・民族自決・独立を守るようにと。

 

本来的な憲法制定権は私たちの憲法にて考慮されており、その権利はベネズエラ国民にのみ属する。憲法制定国民議会は、私たちの法令が考慮するように、全国選挙評議会(CNE)の権限のもと全てのベネズエラ人男女による直接・普通・秘密選挙を通じて選ばれる。

これはベネズエラの政治的主権たる行為であり、何も、誰も憲法制定議会を止めることはできない。憲法制定議会は前進する!

 

今日、ベネズエラ国民は自由であり、外国人を嫌悪する差別主義的帝国が計画する傲慢な脅威に対し団結して立ち向かうだろう。解放者の反帝国主義の考えが、これまでになく力を持っている:

 

「米国は、自由の名のもとアメリカ(America)を不幸で満たすため天意により遣わされたようだ。」

 

シモン・ボリバル

 

カラカス、2017718