FC2ブログ

キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

 キューバ大使館 資料


新型コロナウイルスに対して使用される

キューバ産インターフェロンの効果

 

El cigb tiene ante sí el reto de lograr medicamentos innovadores de alto valor agregado con patente 
cubana. foto: Dunia Álvarez Palacios

 

キューバの遺伝子工学・バイオテクノロジーセンター(CIGB)の研究者チームによって1986年に開発された組換えヒトインターフェロンα2BIFNrec)は、キューバの国民医療制度に導入されて以来30年超にわたり、数千人のキューバ人患者に利益をもたらしてきた。

同センターはキューバ国立バイオ・製薬企業グループに属する。所長のエウロヒオ・ピメンテル・バスケス博士は、この30年を通じて、B型・C型肝炎、帯状疱疹、 HIV/エイズ、デング熱などのウイルス性疾患の治療におけるIFNrecの効果と安全性が示されたと述べた。専門家らによれば、IFNrecは様々な種類の癌に対する治療に効果があるのみならず、HIVによるウイルス感染、ヒトパピローマウイルスによる再発性呼吸器乳頭腫症、および尖圭コンジローマに対しても使用される。

IFNrecは細胞中のウイルス増殖を抑制する性質があり、様々な癌の治療にも使用されている。こういった場合の利点は、これが自身を守るメカニズムであり、その使用によって患者の状態の悪化や複雑化を阻止し、最終的に死に至るのを防ぐという利点がある。

ピメンテル博士によると、中国の保健当局が新型コロナウイルスに対しこのキューバ産製剤を使うことを選定した理由は、このウイルスが一般的に人間体内でのインターフェロンの天然な産生を減少させるが、同製剤はこの不全状態を補い、ウイルスによって引き起こされる感染性呼吸器疾患の患者の免疫システムを強化することができるという事実によるものである。

なお、IFNrec 2012年にキューバ科学技術環境省(CITMA)授与の「国民技術革新賞Premio Nacional de Innovación Tecnológica)」を受賞、2013年に「国民健康賞(Premio Nacional de Salud)」を受賞している