キューバを知る会・大阪

キューバの魅力を紹介します

 
[キューバを知る会・大阪  声明]
  ベネズエラ憲法制定議会選挙の勝利を祝う
連帯活動をさらに強化しよう!

ベネズエラ憲法制定議会選挙が7月30日に行われた。545の議席が決まり新たに制憲議会が誕生する。マドゥーロ大統領は勝利宣言を行った。大統領は「800万人が野党の脅しにかかわらず投票した」と、野党による数々の妨害とボイコット、暴力行為や経済破壊活動の中で成功に導いた意義を語った。投票率41.53%、有権者約2000万人中8,089,320 人が投票所に足を運んだ。投票所には長蛇の列、川を渡って投票所へ向かう人たち、杖をついた高齢者、身体に障がいをもつ人々も生き生きと。配信された映像からは新しい憲法を作ろうとする国民の熱意と、ベネズエラの真の独立と平和を求める意志が伝わってくる。
困難を乗り越え選挙に勝利したマドゥーロ政権と、それに応えたベネズエラ人民に心から拍手を送りたい。日本のメディアは憲法議会選挙を「違憲だ」「民主主義の破壊」「マドゥーロ政権の独裁」などと宣伝して意義をおとしめようとしてきたが、全くのデマである。
現憲法は大統領発議による憲法制定議会招集を規定している。*あらゆる地域、職種・階層、先住民らから普通・直接・秘密の原則で候補者が選ばれた民主選挙だ。野党はこれに先立ち全く法的根拠のない「非公式国民投票」なるものを実施した。なんの監視も、公的チェックもない。したがって2重3重投票などやりたい放題の結果、「710万人が新憲法に反対」などと宣伝していたが、30日の投票結果はその数をも圧倒する票数だった。
これまで野党MUDと米国と結びついたオリガーキー(富裕支配層)は、国会での多数をテコに、マドゥーロ政権の提案する国民生活安定・経済再生・秩序回復のための法律をことごとく否決し、物資退蔵や暴力行為で国内を混乱に陥れようとしてきた。
これに対してマドゥーロ政権は、貧困層へ食糧・必要物資を供給し、格差を是正し、国民を飢えから守るために、CLAP(生産流通協同組合)や自治組織コミューンなどの草の根の組織を構築してきた。今回の憲法制定議会の設置は、マドゥーロ政権が国民との結びつきを強固なものにし、真に人民のための諸政策を実施するための力を発揮する条件を作り出すだろう。だが道は決して平坦ではない。トランプ政権は、マドゥーロ大統領自身を制裁対象に指定し、さらに石油部門への制裁も検討し始めた。
民主的に行われた憲政選挙の意義をおとしめようとしている。すでにトランプ政権はベネズエラの副大統領や最高裁長官、閣僚にも経済制裁を科しているが、憲法制定議会への参加者全員を制裁の対象とするという常軌を逸した制裁を示唆している。絶対に許されない。
全世界の平和勢力・民主勢力はベネズエラの動向を注視し、メディアが垂れ流すデマと闘おう。米の不当介入に反対しよう。
トランプ政権はベネズエラへの一切の制裁をやめよ。ベネズエラ人民との連帯を強めて闘おう。

2017年8月2日
キューバを知る会・大阪
 

ISLA DE SALSA 2017


World Beat Festival

2017. 8.26 (土) & 8.27 (日)


能古島キャンプ村(福岡県福岡市)


詳しくは、

www.isla-de-salsa.jp/

没50年 チェ・ゲバラ自身が撮影した写真、約240点を日本初掲示

2015年、キューバとアメリカの国交が回復し、2016年にはオバマ大統領のキューバ訪問に続き、安倍首相もフィデル・カストロ前国家評議会議長と会談を行った。そしてトランプ氏がアメリカ大統領に就任した2017年、キューバ革命の英雄チェ・ゲバラ没後50年の節目を迎える。
平和と平等をもたらすために戦ったチェ・ゲバラの傍らにはいつもカメラがあった。
彼は何を成し遂げ、何を夢見ていたのか?
世の中が転換期を迎えようとしている今、チェ・ゲバラがファインダー越しに見た世界を体感する展覧会を開催。彼の息子カミーロ・ゲバラ氏の全面協力により「チェ・ゲバラが自身で撮影した写真」、約240点を日本初公開する。

チェ・ゲバラ自身が撮影した写真

①1959年 日本 / ②1959年 キューバ / ③1959年 インド
④1955年 メキシコ / ⑤1959年 キューバ

© 2017 Centro de Estudios Che Guevara
期間
8月9日(水)〜27日(日) 11:00~20:00入館は閉館の30分前 ※8月27日(日)は15:00最終入館
観覧料
前売券 800円(高校生以下 無料)
当日一般 1,000円/大学・専門学生 800円/高校生以下 無料
※チケットのご購入に関しては後日発表いたします
会場
恵比寿ガーデンプレイス ザ・ガーデンルーム〒153-0062 東京都目黒区三田1-13-2
TEL:03-5424-0111
[お問い合わせ先] InterFM897 TEL:03-5781-7610

大使館訳

 

ベネズエラ・ボリバル共和国

人民権力外務省

声明

 

米国政府がボリバルの祖国に対して発した異常な声明への拒否

 

 ベネズエラ・ボリバル共和国は、昨日2017717日にホワイトハウスが発表した異例の声明を拒否する。

 

これは以前に見たこともないような文書であり、その低水準と質の悪さにより、かの侵略国家の意図の知的理解が困難となっている。

米国政府は明らかに自らの国際関係において他国に屈辱を与えることに慣れており、いつものような従属が反応として返って来るだろうと考えている。米国政府がベネズエラとの関係で引き起こしている問題は、国際社会全体にとって、米国政府の行動を理性的に予測することを難しくするものである。

 

 米国政府は、ベネズエラ政治の暴力的・過激派分子への絶対的な肩入れを節度もなく表に出しているが、これら分子は人民の民主的政府を打倒するためにテロリズムを利用することを肯定しているのである。

 

 ベネズエラ野党の倫理崩壊により、トランプ大統領は、ラテンアメリカの一国に対し公然と攻撃を犯すよう駆り立てられてきた。これほど観念・倫理に乏しい声明を誰が書き得たのか、まして承認し得たのか、私たちは知らない。

 

 ベネズエラ野党の薄い民主主義のベールは剥がれ落ち、米国政府の残忍な干渉主義的力が明らかになっている。米国政府は、ベネズエラ国民がこの4ヶ月間苦しんできた暴力の背後に居たものである。  

 

この異例な文書に記述されているのと同程度に法外な脅威を私たちが非難し、立ち向かうのは、今回が初めてではない。

 

私たちはラテンアメリカ・カリブ地域の諸国民及び世界の自由な諸国民に呼びかける。この帝国の声明に書かれた残忍な脅威の重大さを理解し、国際法の基本原則である主権・民族自決・独立を守るようにと。

 

本来的な憲法制定権は私たちの憲法にて考慮されており、その権利はベネズエラ国民にのみ属する。憲法制定国民議会は、私たちの法令が考慮するように、全国選挙評議会(CNE)の権限のもと全てのベネズエラ人男女による直接・普通・秘密選挙を通じて選ばれる。

これはベネズエラの政治的主権たる行為であり、何も、誰も憲法制定議会を止めることはできない。憲法制定議会は前進する!

 

今日、ベネズエラ国民は自由であり、外国人を嫌悪する差別主義的帝国が計画する傲慢な脅威に対し団結して立ち向かうだろう。解放者の反帝国主義の考えが、これまでになく力を持っている:

 

「米国は、自由の名のもとアメリカ(America)を不幸で満たすため天意により遣わされたようだ。」

 

シモン・ボリバル

 

カラカス、2017718

第75回 キューバを知る会・大阪   

 

日時:
201778 () 18:0020:00

内容:
キューバの人々 
日系2世 キューバ人の生活

場所:
タマダビル 6階(605号室)

大阪市天王寺区生玉前町3-25

(地下鉄谷町線谷町九丁目、近鉄上本町 


5番出口南へ徒歩3分

 3番出口から、5番出口の方に信号を渡り南へ)